~ライバルの存在~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2016年 11月 15日 ~ライバルの存在~

こんにちは、

担任助手の浅井です。

ますます寒くなっていき、冬へとまっしぐらですね 😛

 

今回はライバルの存在についてはなしてみたいと思います。

自分の受験生時代を振り返るとライバルというべき存在はいました。

志望校が同じであったり、自分より点数が取れていたりと。。。

ライバルの存在というのは

自分に焦りを感じる時もあれば、

モチベーションアップに繋がるときもあります。

 

でも、誰をライバルに すればいいかわからないという方へ

ライバルを定めるときの法則が3つあります!!!

 

1つ目は自分と同じ目標を目指している人です!

例えば、同じ志望校を目指している友人だったり、学校の人です。

ここで注意しておきたいのが、

今の自分の位置をどう決めるか、です。

自分よりも実力の低い相手に対して

「もう十分だな、よくやった」と思うのか

それとも

自分よりも実力の高い相手に対して

「まだまだ足りないな、もっとやろう」

という意識の差で後の結果が変わってくると思います。

 

2つ目はライバルは時空を超えるということです。

つまり、先輩であったり、歴史上の人物でも

勝手にライバルにしちゃえということです。

自分も現役時代には歴史上の人物を勝手にライバルにしていました。

これはライバルにするというよりもむしろ

苦労話や逆境エピソードに影響されて

自分も頑張ろうと思う気持ちを持続させていくことです。

 

3つ目は自分と違う分野の人をライバルにすることです。

全く自分と関係がない人だけど

目標を持って頑張っている人に影響を受けて

自分も頑張ろうと思うことです!

 

人によってライバルの定義は様々あると思いますが

是非参考にしてみてください。

 

明日の更新は

山直担任助手です!!!

 

最新記事一覧

過去の記事