~横浜国立大学~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2017年 9月 5日 ~横浜国立大学~

こんにちは、担任助手の林です!

ついに長い夏休みも終わって学校が始まりましたが、勉強は進んでいますか?

これまでに身についた生活習慣を乱さずに今後も頑張ってください。

(早寝早起きは特に)

 

 ところで、私は現在

横浜国立大学都市科学部都市基盤学科

に所属しております。

この付近ではあまり馴染みが無いというのもあってか、

田無校では実態が謎な大学として扱われてしまっています…

ということで今回はそんな実態が謎?な私が通っている大学について紹介していこうと思います。

 

 Q1 横浜国立大学ってどこにあるの?

 一般的な大学と違って、この大学は常盤台キャンパス一つのみしかありません。

そのため文系の人も理系の人も、さらには大学院の人もこのキャンパスに通うことになります。

 「”横浜”っていうのだから、きっとみなとみらいの海が見える港の近くにあるんだろうな…」ってよく思われますが、そうではありません。

 最寄駅は三ッ沢上町または和田町です。

 …おそらく多くの人は「どこだ?」って思っているでしょう。

前者は横浜市営地下鉄ブルーライン、後者は相鉄の駅で、

三ッ沢上町は横浜から4分、和田町は横浜から10分で行くことができます。

ところが、

さらにその2駅から大学まで行くには20分~30分歩かなくてはなりません。

しかも常盤台キャンパスは、”保土ヶ谷カントリークラブ”という丘の上のゴルフ場の跡地を使用しているため、やや高い場所に立地しています。

そのため両駅から高低差40mほどの坂や階段を毎日上る必要があるのです。

なので夏場は暑いので特に辛いです。

このように、横浜国立大学は通うだけでもかなりハードな場所にありまして、私の場合片道だけで2時間かかります。

田無から行きたい場合

田無→西武新宿線→西武新宿

新宿→湘南新宿ライン→横浜

横浜→市営地下鉄ブルーライン→三ッ沢上町

三ッ沢上町→徒歩→横浜国立大学

となりますが、慣れればそこまで大変とは感じなくなりますよ。

 

Q2.都市科学部とは?

都市科学部とは、2017年度つまり今年からできた新しい学部で、都市社会共生学科・建築学科・都市基盤学科・環境リスク共生学科で構成されています。

文理融合というコンセプトのもとに進められていて、簡単に言えば「都市を学ぶ学部」です。

具体的には、

「今後、より一層の情報化社会や都市への人口の集中が予想される中で、私たち人間の暮らしを支えていける街の在り方は一体どのようなものであるか?」

という人類の永遠の課題に対する答えを、教授と生徒共に一緒になって手さぐりで導き出していこうと頑張る!ということです。

つまり先生もよく分かってないんですね。

でもそれが「学問をする」ということの本当の醍醐味なのでしょう。

 

 

 

Q3.都市基盤学科は何をしているの?

学ぶ分野は土木工学で、名前からして工事現場で働くというイメージが強いですがそうではないです。

交通マネジメントや水環境の管理、インフラ整備、橋やコンクリート構造物の設計・メンテナンス、都市計画など非常に多岐にわたっています。

また見学会も多く開催されていて、いろいろな工事現場に潜入したり、街を歩いたりしてその地形や歴史などからその地域の特徴を考えるというようなこともしています。

つまりNHKでやっている某紀行番組みたいな感じです。

あと、現地調査系の課題が多く出されます。

例としては

「〇〇市〇〇町の開発計画について事前に調べ、現地を見てそれがどの程度実現されたか、また現在どのような課題があるかを考察せよ」

とかです。楽しいですけど、意外と交通費が馬鹿になりません。

Q4.キャンパスの雰囲気は?

キャンパス内は非常に緑が多く美しい景色が広がっていて、公園みたいな雰囲気です。

写真のように、晴れた日にはみなとみらいのランドマークタワーが見れます。

また中央には大きな芝生の広場があり、昼休みや空コマの時間にはそこでスポーツをしたり、昼食を食べたり、昼寝する人もいます。

たまにバンドがライブをしていることも。
そして、敷地が東西方向に横長になっているので、場合によっては次の授業までに教室の移動が間に合わないということも起こります。

なので、大学にある自転車を借りて移動している人がそこそこ多いです。

さらに、学生の出身地が多種多様というのも面白いです。

日本だと北は北海道から南は沖縄、さらには海外からの学生も多く、そのような人達と話すと軽いカルチャーショックがあったり、また常識と思っている部分が少し違ったりと、新しい発見が色々あります。

 

まだまだ紹介したいことはあるのですが、今回はこの辺にしておきましょう。

ひょっとしたら田無校のブログ史上最長の記事となってしまったかもしれません…

これで少しでも横浜国立大学のことを知っていただければ、また低学年は志望学部選択の参考になれば幸いです。

さらに土木工学系なら、森川担任助手や岩村担任助手も似たような学科に所属しているので、興味がある人はそちらの方々にも話を聞いてみてください。

明日の更新は草間担任助手です。

お楽しみに!

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事