~メンタルトレーニング~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2017年 8月 11日 ~メンタルトレーニング~

こんにちは!

担任助手の大石です。

 

今週、ロンドンで世界陸上が行われており、

サニブラウン選手の200m走決勝進出など

日本人アスリートの活躍が見れて楽しいです!

 

 

スポーツ選手は日々の努力を

大会本番の一点に発揮できなければなりません。

大舞台での試合は緊張しないのでしょうか!?

 

 

そこで 

いま日本人で世界と互角に渡り合い、

異例な活躍を見せている

錦織 圭選手のメンタルトレーニング方法について

しらべてみました!

 

①ポジティブな言葉を使う

(ネガティブ発言はNG)

ネガティブな発言は

ネガティブな現実を実現させてしまいます!

みなさんもそんな経験思い当たる節があるのではないでしょうか。

コーチであるマイケル・チャン氏は

錦織選手にポジティブな発言を心がけるよう指導したそうです。

 

 

「勝てると思いこむことがこれからもっと

重要になると思います。」

__(2014全米オープン準々決勝後インタビューより一部抜粋)

 

 

 

 

②自分自身を信じる

弱気になっているときほど自分を信じる必要があります。

Believe yourself」と練習中何度も言われたそうです。

「復帰当初は全く思うようにプレーできず、かなり悩みました

でも一つ一つ積み重ねていくしかないんですよね。

フォームだったり、ショットの感覚だったり。

自信を積み重ねることが一番大切だと思います。」

__(2014全米オープン準決勝後インタビューより一部抜粋)

 

 

 

③はっきりと目標を決める

これは錦織選手に限ったことではなく、

一流選手なら誰しもあてはまると思います!

「そんな簡単に来られるところではないことを、

十分にわかっている。

この悔しさを忘れずに、また決勝を目指したい」

__(2014全米オープン決勝敗戦後のインタビューより一部抜粋)

 

 

 

 

 

錦織選手はまだグランドスラムでまだ優勝したことはありません。

しかし!!

本当に日本のテニス選手でここまで成績を残しているのは前代未聞です!

また、マイケル・チャン氏がコーチに着いた時から

また格段に勝率があがり、

世界ランクトップ10入りをキープしています。

 

 

技術面もそうですが、

メンタル面の成長が大きかった、言われています

近い未来グランドスラムの四大大会の一つでも優勝してほしいです。

本当に応援しています。

 

 

そして、調べて思ったことは、

そんなにすごい選手でも意識していることは

私たちでもできそうなことばかりだということです。

 

 

普段から少し意識することで

受験直前期や当日に、ほどよい緊張でのぞみ、

全力を発揮できるのではないでしょうか。

センターまであと156日!

いまからメンタル面も成長させていきましょう。

以上幼少期にテニスを習っており錦織選手を本当に尊敬しているため

熱が入っているブログでした(笑)

 

 

 

明日の更新は

廣野担任助手です。

お楽しみに^^