~受験生へ~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2017年 1月 14日 ~受験生へ~

こんにちは!

担任助手の船渡です。

 

今日はセンター試験一日目ですね。

本番での注意事項等は

昨日のブログで佐久間担任助手が書いてくれたので割愛します。

ここでは、本番での心構え等を書いていきます。

 

もちろん私大や国立二次試験を受ける方が多いと思うので

ここだけが本番ではないですが…。

みなさんにとっては初めての本番ですね。

この日のために、ずっと一生懸命勉強してきたみなさんは

いま、とてつもないプレッシャーに押しつぶされているかもしれません。

実際、僕も一年前はそうでした。

 

受験は、回数こそあるとはいえ、試験一発の勝負です。

だれも今までの努力量時間などは評価してくれないのです。

そして、その一発の試験にそういった努力や時間で得たものを

最大限に出し切らなければいけません。

だからこそ、その一発はものすごく緊張するんです。

いまひとりで緊張と戦ってる人は

周りを見てみて下さい。

おそらく、みんな顔がこわばってますから(笑)

試験会場でへらへらしていられるのは

受験をあきらめている、または軽く受け止めている人か

ごく一部の本当に余裕のある人だけです。

あなたが今そこで緊張しているのは

ここまで頑張ってきた証拠と言えます。

自分の今までの努力に胸を張ってください。

 

とはいっても

やっぱり緊張するし、不安ですよね。

でも緊張することは、「悪いことでない」

どころか

「いいこと」

だと思っています。

 

自分の話で恐縮ですが、

第一志望の大学の、順序的に三つ目の試験を受けた日

その日はその大学の既に終わった一つ目の試験の合格発表日でした。

合格発表の時間は

ちょうどその試験の一科目目の終わりでした。

親にも試験の合間に合格発表は見るなとは言われていましたが

一科目目の試験中もそのことがずっと気になっている状態だった僕は

試験時間が終わった瞬間に合格発表を見てしまいました。

結果的にそこには受かっていていたのですが

突如ものすごい安堵が襲ってきて

気も一気に緩んでしまいました。

その後も二科目目、三科目目と試験はありましたが

緊張感がまったくなく

そこの学部はまあ受かるだろうと確信していたところでしたが

あっけなく落ちてしまいました。

今思えば、きっちりと緊張感を持って受けられた試験は

たいてい良い結果が出てたことを覚えています。

 

まあ長くはなりましたが

結局何が言いたいのかというと

緊張はしても、不安になるなということです!

結果的に緊張はいい結果を生むものですから。

緊張している自分を客観的に見つめなおしても

決して焦る必要はないんです。

むしろ、それは戦うための準備が整っている証拠なんです。

  

今年もさまざまな東進の講師陣の方々が激励メッセージを受験生に送ってくれていますが

その中で、英語科の安河内哲也先生はこういっています。

 

“No pressure, No diamonds!”

 

この言葉を僕は去年にも聞きましたが

とても勇気づけられました。

緊張するのはあたりまえ!

そうしないといいものは出ないんだ、と考えることで

気持ちが落ち着いてきて

本番では程よい緊張感で受験することが出来ました。

焦らずに、緊張を楽しんで受験してきてください。

 

 

 

これを受験後に見ている人へ

一日目の受験、お疲れ様でした。

私立文系の人は、センター試験はとりあえず今日でおしまいですね。

自己採点をして、すぐに私大の対策を始めましょう。

このブログでも何度か言っているかもしれませんが

センター試験の後は、受験生が一番だれがちな時期です。

実際僕も、開放感みたいなものを感じてしまい

少し気が緩んでしまいました。

その流れで本番力を最大限の力を出せないことが一番怖いので

これはセンター直後、常に意識して勉強してください!

ここでだれたら終わりです!

 

私立理系、または国立志望の人へ

一日目お疲れ様でした。

おそらく、今日の試験の結果が気になって仕方ない人もいると思います。

けど、ここは少し辛抱して、明日に備えてください。

もしここで自己採点をしてしまって

良い結果であっても悪い結果であっても

二日目に良いように作用する確率が低いからです。

良かったらよかったで油断してしまうし

悪かったら、落ちた気分で次の試験を迎えなければいけません。

 過去は変えられません。

たとえどんな結果であったとしても、それをいかようにもできません。

なら、次に、明日に、未来に備えることが、あなたの今しなければならないことです。

振り返らずに、前に進んでください。

 

長くはなりましたが

みなさん、最大限の力をを絶対出し切ってください。

本当の努力をしたすべての受験生が報われることを祈っています。

 

明日の更新は草間担任助手です。