~忘却曲線~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2017年 7月 10日 ~忘却曲線~

こんにちは!

担任助手の大河内です。

 

みなさん忘却曲線というものを知っていますか?

有名な言葉なのでどこかで耳にしたことがあるかもしれません。

忘却曲線とはドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが

人の記憶がどれくらいの速さで忘れられていくか

という実験結果をグラフにしたものです。

 

岩村担任助手で表現すると

こんな感じです(笑)

 

このエビングハウスの忘却曲線によると…

20分で42%

1時間で56%

1日で74%

1週間で77%

が忘れられてしまうそうです!

 

よく見てみると、最初の20分が経過した段階で

既に約半分のことは忘れてしまうということになります。

 

だからといって

受験勉強をやめるわけにはいかないので

この実験結果を利用して

どうすれば記憶が長持ちするか考えてみましょう。

 

この実験結果から、

覚えたすぐあとは急速に忘れていきますが

1日過ぎたあとはゆっくりとしか忘れていきません。

ということは

何回も何回も反復する

ことしか記憶を長持ちさせる方法はないのです!

 

しかし!

あまり長い時間をおいて復習しても

完全に忘れたところから覚えなおさなければいけないので

物凄く時間を無駄にしてしまいます。

 

ということは

何回も何回も反復する

+

完全に忘れないうちに

短時間で復習する

ことが一番いい方法だと考えられます!

 

結局何が言いたいのかというと

早いうちから受験勉強を開始し、

たくさん反復して記憶を定着させる時間を作ることが

大学受験を征する一つの鍵だと言えるということです。

 

特に高3生は、高1・2生よりも

勉強できる時間が断然少ないです。

「夏休みから始めよう」の気持ちでいると

間に合うものも間に合いません!

 

スキマ時間も有効に使って

苦手な暗記科目も乗り切ってください!

 

明日の更新はここ最近ずっと風邪をひいている西川担任助手です!