~模試の目標設定をしよう~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2017年 8月 17日 ~模試の目標設定をしよう~

こんにちは!

前回のブログ更新から間もないですが、再び更新することになりました

担任助手の廣野です

最近は雨が続きすぎて気分が憂鬱になりますね・・・

東京はなんと16日間連続の雨で、8月に入ってから雨が降って無い日はないそうです

ちなみに僕は最強の雨男で、外出するときは雨、旅行に行くにしても雨、修学旅行も雨・・・

といった感じで、行動するときは雨が降っていることがとても多いです。

でも、意外と雨は嫌いではありません(雨男が雨を嫌うわけないか・・・(笑))

以上、廣野の余談でした!

 

さて、今回は高1、高2の皆さんの模試の目標点についてのお話をしたいと思います

高1、高2の皆さんは第4回8月センター試験本番レベル模試の目標点設定はできていますか?

一部の皆さんは

「どのくらいの点数に設定すればいいのかわからない」や

「本番までまだあるから適当でいいや」

などと思っていませんか?

その考え、

要注意です!

↓の表を見てください

これは高1の1月、つまり入試の2年前の各大学合格者の平均得点率です

東大合格者は入試2年前にして主要3科目はほぼ7割の得点率をマークしています

そのほかにも一橋や東工大、旧帝大や早慶上智はおよそ5割の得点率をマークしています

この得点率に驚いた人もいるはずです。

実際、難関大学に合格する人の多くは

早期から受験勉強を始め、

着々と点数を伸ばしている生徒が多いのです。

 

高1の皆さんは志望校の得点率を1月の同日体験受験で超えられるよう、

次の模試の目標点を設定しましょう!

 

また、次の表も見てください

 これは高1の皆さんにとっては今から1年4か月後、

また高2の皆さんにとっては4か月後の1月の同日体験受験の得点率です

なんと東大合格者の主要3科目得点率は8割を超え、

そのほかの大学も6~7割超えの得点をとっています

高1の同日体験受験から1割以上得点が伸びてますね。

高3の受験勉強では二次・私大対策の勉強を始めなければならないので、

いかに早くセンター試験の本番の目標点を超え

二次・私大対策を始められるかが合格の鍵となります。

 

この表を見て、高1の皆さんは来年の自分の目標を明確化し、

高2の皆さんは入試1年前の自分がどのくらいの点数を取らなければならないのかを確かめ、

次回のセンター模試の目標点を設定しましょう!

 

以上、 廣野からの大切なお知らせでした!

 

明日の更新は春原担任助手です

お楽しみに~♪