~模試は貴重な体験~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2017年 10月 25日 ~模試は貴重な体験~

全国統一高校生テスト締め切りまで

あと2日!!

 

 

皆さんこんにちは

担任助手の岩村です!

 

 

全国統一高校生テストまであとあと4日になったわけですが

皆さん勉強の調子はいかがですか?

 

この一週間は「模試トークWEEK」と題して

模試のアドバイスや模試直前の勉強方法などを投稿していますが、

僕からは

模擬試験はとっても貴重な体験である

という話をしたいと思います。

 

 

もちろん模試は今の自分の学力を試し

あと何点取ればいいか、どこの分野を強化すれば第一志望校に合格できるのかを

自分で把握することができます。

 

さらには復習を徹底することにより

自分の学力を伸ばすこともできます。

これらのことは、皆さん知っている人がほとんどでしょう。

 

 

では、僕が改めて模試が貴重な体験であるというのはなぜかというと

模試は本番にあらゆる面でそっくりだからです!!

 

 

模試は模擬の試験なので

「あたりまえでしょ!」と思うかもしれません。

間違いありません。

あたりまえなことです。

しかし実際に本番の試験というものを経験したことがある自分だからこそ

このことは皆さんに伝えたいのです。

 

そっくりなのは問題形式だけではありません。

 

前回の6月センター試験本番レベル模試から

受験生の皆さんは外部の受験会場で受験することにになっていますね。

その外部の試験会場の雰囲気がそっくりなのです。

 

実際に本番のセンター試験を受けて思いました。

「模試と同じじゃん!!」と。

 

例えば

同じ教室で受験している人たちは全く知らない人であることや、

隣の人との距離感、

試験監督による試験の進行など

細かいことですが

本番を忠実に再現されていると思いました。

 

 

結局何が言いたいかというと

模試も本番は別であるという意識をなくし

まるで本番を受けているような緊張感をもって受験してほしいということです。

 

東進のセンター試験の模試は

あと2回しかありません。

 

一回一回を大切にして受験しましょう!!

 

明日の投稿は

西川担任助手です!

おたのしみに~