~睡眠について~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2017年 11月 3日 ~睡眠について~

こんにちは!

担任助手の船渡です。

 

実は僕重度の不眠症なんですが

高1のときくらいからずっと放置してて

最近ようやく病院へ行きました。

 

不眠症って方はあまり多くないと思いますが

受験生にも関連する話があったので少し書きます。

 

病院で医者の先生に言われことが二つあります。

 

1つは、寝る前の習慣の改善です。

 

寝る前にすることといったらなんでしょう?

おそらく学生の9割くらいはスマホをいじることだと思います。

 

受験生でも、予備校に行っていると

予備校にいる時間はスマホはいじらないけど

家に帰るとずっといじってるって人もいるんじゃないでしょうか

 

まあこれは広く知れ渡っている話だとは思いますが

寝る前にスマホをいじったり、何かの画面をみていることは

睡眠という面からみるとあまりいいことではありません。

目がブルーライトで刺激され

交感神経を刺激してしまうからですね。

 

寝る前2時間前からはスマホを見るのをやめてみましょう。

 

いま普通に眠れてるよっていう人も

睡眠の質を高めることにより

学校や予備校で眠くなることが少なくなるかもしれませんよ。

 

二つ目は起きる時間です。

 

僕はてっきり生活リズムは寝る時間を軸に考えるのかと思っていましたが

起きる時間のほうが大切らしいです。

 

高校生はある程度一定かもしれませんが

われわれ大学生は正直

いつ起きてもいいみたいなところがあるので(ない)

多くの人は日によって起きる時間がバラバラだと思います。

 

高校生でも、土日は昼まで寝てるっていう人も結構いると思います。

もし、昼間眠くなってしまいがち、という人がいたら

起きる時間を毎日統一してみましょう!

 

実際僕はこの生活を続けてまだ一週間程度ですが

昼はほとんど眠くなくなり

夜もきちんと眠くなって睡眠の質も上がったと思います。

 

あともう一つ、これは医者から言われたことではないですが

起きたらまず朝日を浴びましょう!

寝起きがすごく眠い時でも、けっこうスッキリします。

 

生活リズムを崩さぬよう、勉強を頑張りましょう!

 

あしたの更新は廣野担任助手です。