~続・センター模試~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2018年 2月 21日 ~続・センター模試~

こんにちは

担任助手の石山です!

前回の投稿で廣野さんが模試に関して

素晴らしい投稿をしてくださいました。

 

私も太宰府天満宮で和歌が書かれていた鉛筆を購入してしまい

少々後悔した覚えがあります。

なので今回も引き続きセンター試験に関するブログを書こうと思います!!!

 

まず、当日は2日にわたって実施されます。

文系3教科のひとは1日目で終了となりますが、

数学を受験したり、国公立志望ですべての科目を受験する人は

2日間必要になります。

 

東進ハイスクール等で実施している模試は1日ですべての科目を実施します。

しかし、私立文系3教科の場合、当日の予定だと

1【選択科目】 世界史・日本史・政経など

2【昼食】

3【現代文】

4【英語】筆記→リスニング

というように、夜が遅くなります。

しかも昼食後に80分の科目が2つ連続で続くので

なかなかハードスケジュールです。

反対に私立理系の人は1日目の午後から受験が開始されます。

遅刻しないように気をつけましょう。

 

そして、受験本番はコンディションに大変気を使います。

もう思い返せば1年も前のことですが当日は当分補給のため

チョコレートやお菓子を多く持っていきました。

また、温度調節のため、ひざ掛けや冷えピタなども持っていきました。

 

センター当日は「これが本番」「失敗すると後がない」

と考えるととても緊張してしまいます。

毎回東進の方でも実施している模試は本番まで6回あります。

最初の4回は各校舎で、

最後の2回は会場に出向いて実施します。

ラスト2回はもちろん緊張感が出てきます。

大きな会場で他の校舎にいる東進生と実施しなければならないからです。

しかし、今の時期からセンター試験本番レベル模試でどれだけ本気が出せるか

これですべてが変わってきます!

 

現在高校2年生の皆さんはすでに模試が一回終ってしまったことを忘れずに、

次に向けて対策をしてください!!!!

 

□ ■ 対策方法 ■ □

必ず復習をする

必ず復習をしてください。

なんだかんだ言ってやっていない生徒が多いはずです。

そもそも模試は今の自分の実力を測る指標でしかないので、

①模試でできた所とできなかったところを仕分けたら、

②出来なかったところがなぜできなかったか追及して、

③点数を上げるにはどうしたらよいかを考えて

④対策をしましょう!!

 

東進では基本的に後日受験が終わったら、

プロの先生による解説授業を受講することが出来ます。

ぜひ受講してより効率的なとき方を発見してみて下さい!!

 

というわけで

6月模試まで、自分の好きな世界史以外

全く模試の後に復習いなかったため、

国語と英語で痛い目にあった

 

石山がお送りしました~

 

明日はどんな投稿が飛び出すのか

岩村担任助手に乞うご期待^^