~記述式の問題演習~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2017年 10月 8日 ~記述式の問題演習~

皆さんこんにちは!

担任助手の岩村です。

 

もうすぐプロ野球のシーズンが終わってしまいますね、、、

シーズン中は暇さえあればプロ野球のことしか考えていなかったので

プロ野球がない日常を考えると恐ろしいです

誰か共感できる人いませんか、、、

 

 

さて受験生の皆さん

ご存知の通り、

国立大学や一部の私立大学では

入試問題の解答形式が記述式になっています。

 

答案練習講座過去問演習講座では

その記述式の問題を解く訓練が出来ます。

 

これらの講座を受講するときや、

赤本などで過去問を演習するときは

もちろん二次・私大の比較的高いレベルの問題の解き方を養って欲しいのですが

記述式の問題特有の解き方・テクニック

も学んでほしいです。

 

たとえば数学物理でいうと

採点者が見やすいと思えるような図形の書き方や

部分点を出来るだけ取りにいく文章の書き方など

いろいろありますが

たくさん演習するうえで慣れていきましょう。

 

記述式の問題では完答することが難しい分

部分点で点数を稼ぐことが重要です。

 

 

たとえばこの問題、

数学的帰納法を用いて解く問題なのですが

解答の最初に「数学的帰納法を用いて考えると・・・」

と書くだけで一定の点数が貰えます。

 

 

 

これから冬にかけて

実践的な問題の演習を積み重ねていき

たくさんのテクニックを習得していきましょう!

 

 

明日の投稿は

大河内担任助手です。

おたのしみに~