☆部活生インタビュー☆ 吉沼担任助手編 | 東進ハイスクール田無校|東京都

2016年 5月 5日 ☆部活生インタビュー☆ 吉沼担任助手編

こんにちは!

担任助手の上野です!

「部活生インタビュー」第3弾です!

今回は 吉沼航輔 担任助手に部活と受験勉強の両立法を聞いてみたいと思います!

 

高校:東亜学園高等学校

部活(引退時期):陸上競技部(高3の5月)

進学先:法政大学法学部国際政治学科

どんな学校生活を送っていましたか?

とにかく毎日部活をしているという感じでした。勉強面はあまりよろしくなく高校受験も推薦で合格していたためあまり勉強が得意というわけではなかったです。その流れが高2の3月くらいまで続き流石に不味いなと思ったのが勉強を始めたきっかけでした。部活をやっているなかで限られた時間しか勉強出来ないので自分で考えスキマ時間などを上手く確保できたことは引退後スケジュール管理などの面で良かったと思います。

 

東進をどのように活用していましたか?

部活の練習場所が変則的なため早く終わる日は7限の授業を受けそれよりも遅い場合は高速基礎マスターという語彙力強化のコンテンツを使って勉強していました。東進は365日受講が入っていない日でも自習室が使用できたので空いている時間は東進で勉強していました。

 

東進のコンテンツで一番役に立ったものは何ですか?

グループミーティングです。東進の印象としてパソコンの動画授業ということでほとんど個別に勉強をしているんだろうなというイメージだったのですが、毎週一回グループミーティングというものがあり勉強量や努力量を競うことが出来たので切磋琢磨し志望校合格を果たせたと思います。

 

現在部活に打ち込んでいる部活生に一言お願いします!

ことわざで「光陰矢のごとし」というものがあります。月日が経つのはあっという間で無駄に時間を過ごすなという戒めの言葉です。3年間全力で取り組んできた部活動を最後までやりきるということは重要です。しかし、心のどこかでは勉強しなくちゃいけないという思いがあるはずです。高校3年間、大学4年間どちらが過ごす時間が多いでしょうか。コツコツと勉強する習慣をつけて行きましょう!

 

吉沼担任助手、ありがとうございました!

 

さて、東進ハイスクールでは現在、

部活生招待講習を行っています!

 

90分×5コマの授業を今なら無料で体験することが出来ます!

 

ぜひ一度、その目で東進の授業の魅力を確かめに来てください!

 

↓お申込みはコチラ↓