☆部活生インタビュー☆ 浅井担任助手編 | 東進ハイスクール田無校|東京都

2016年 5月 5日 ☆部活生インタビュー☆ 浅井担任助手編

こんにちは!

担任助手の上野です!

「部活生インタビュー」第6弾です!

今回は 浅井 凱斗 担任助手に部活と受験勉強の両立法を聞いてみたいと思います!

 

高校:都立石神井高校

部活(引退時期):男子ハンドボール部(高3の5月

進学先:早稲田大学社会科学部社会科学科

どんな高校生活を送っていましたか?

高校時代は週に6回部活の練習があって、毎日学校へ部活をしに行くようなとにかく部活中心の生活をしていました。自分はキャプテンをやっていたので、自分の技術を上げるためだけに練習するのではなく、チームをどんな感じでまとめていけばいいのかを考えながら練習をしていました。輝かしい結果は残念ながら残すことはできませんでしたが、3年間の部活の経験は自分にとってかけがえのないものです。また学校行事でも、自分の学校は体育祭が一番大きな行事だったので、その度に盛り上がりました。高校最後の体育祭では応援団として、体育祭を作り上げていったことは懐かしい思い出です。

 

東進をどのように活用していましたか?

東進では、自分の好きな時間に授業を入れることができたので良かったです。部活をやっていた頃は部活の空いてる時間に受講をしていました。部活を引退してからは夏前に受講を終わらせるために学校の授業が終わってからすぐ東進にいって受講をしていました。受講数が多かったので、とにかく受講を進めることだけを考えながら勉強をしていました。量だけやって質がないと思われるかもしれないですが、東進には受講が終わるたびに確認テストや修了判定テストがあったので、知識の抜け目を作ることなく進めていくことができました。

 

東進のコンテンツで一番役に立ったものは何ですか?

過去問演習講座です。この講座のおかげでセンター対策二次私大対策も充分に対策をすることが出来ました。市販で売っている参考書では解説が載っていなかったり、解説が載っていても量が少なんく、しっかりした復習が出来ないことがが難点でした。でもこの過去問演習講座だと10年分の問題があり、ひとつひとつの科目を採点してもらい、さらに解説授業までもあったので自分がわかなかったところをしっかりと復習することが出来ました。自分では採点しづらい記述問題も客観視な視点で採点してもらうことが出来たので、自分の苦手を知ることが出来ました。この過去問演習講座あったからこそ、量とともに質も高めることが出来ました。

 

現在部活に打ち込んでいる部活生に一言お願いします!

部活生のなかには、受験生になって、勉強しなきゃいけないのはわかってるけど今は部活が引退前で忙しいから部活引退してから勉強始めようっていう人もいると思います。でも忙しいからこそ、勉強時間も作るべきです。なぜなら、部活と勉強としっかりと切り替えてやっていくことで、時間を管理する習慣がつくので、部活を引退してからも勉強一本に集中することが出来ますし、時間を管理する習慣があることは何の教科をどれぐらいの時間勉強すればいいのかとふうに、時間の使い方を考えながら勉強を進めることが出来ました。部活生の皆さん、引退まで部活も勉強もどちらも全力でやっていきましょう。そして、部活生の逆転合格は可能です。自分も部活生をやっていて、このままで受かるのだろうかと思った時期もありましたが、最後まで自分を信じ、逆転合格を掴みとることが出来ました。なので、今すぐ勉強を始めて、第一志望合格を勝ち取りましょう。

 

浅井担任助手、ありがとうございました!

さて、東進ハイスクールでは現在、

部活生招待講習を行っています!

 

90分×5コマの授業を今なら無料で体験することが出来ます!

 

ぜひ一度、その目で東進の授業の魅力を確かめに来てください!

 

↓お申込みはコチラ↓