☆部活生インタビュー☆ 船渡担任助手編 | 東進ハイスクール田無校|東京都

2016年 5月 9日 ☆部活生インタビュー☆ 船渡担任助手編

 

こんにちは!

担任助手の山直です!

「部活生インタビュー」第9弾です!

今回は 船渡 大生 担任助手に部活と受験勉強の両立法を聞いてみたいと思います!

 

 

高校:都立清瀬高校

部活(引退時期):民族音楽部(高3の6月)

進学先:早稲田大学 社会科学部 社会科学科

 

どんな学校生活を送っていましたか?

高1高2のときはあまり勉強はせず、友達と遊んだり部活に打ち込んだりしていました。部活は民族音楽部と言う名の軽音部で、運動部に比べるとあまり活動は多く無かったですが、最後に大会に出てけため引退は6月とかなり遅い時期になってしまいましたが、高2の冬には気持ちを切り替えて東進に入学し本気で勉強を始めていました。

東進をどのように活用していましたか?

1月頃から部活の無い日は学校が終わるとすぐ登校し、閉館まで勉強することが多かったです。僕は家であまり勉強できない体質なので、東進に来れば嫌でも勉強しなければならないという状況を上手く利用しました。

 

東進のコンテンツで1番役に立ったものは何ですか?

センター過去問演習講座です。センター試験はその性質から過去問が無限にあるわけではありません。15年以上遡ると現在の問題レベルや出題形式に合わないことがあるので、本番と同じように受けることができないと考えていて、なにで練習しようか悩んでいた時に、センター過去問演習講座を薦められました。。僕がおすすめする点は、この講座では過去の東進が実施したセンター試験本番レベル模試を解くことが出来る、という点です。東進は年に5回センター試験本番レベル模試を実施していて、その内容も本番レベルに近く、非常に解く価値のある物で、僕はこの講座で自分が満足するまでセンター試験レベルの問題を演習していました。

 

現在部活に打ち込んでいる部活生に一言お願いします!

先生とか先輩とかが簡単にいう文武両道って、そんな簡単なものじゃないです。人間一度に二つのことを楽にこなせるようにはできてません。けど、ここで片方でも捨てたらきっと後悔します。本気で努力して両立させてみて、悔いの残らない一年にしてください。

 

船渡担任助手、ありがとうございました!

さて、東進ハイスクールでは現在、

部活生招待講習を行っています!

 

90分×5コマの授業を今なら無料で体験することが出来ます!

 

ぜひ一度、その目で東進の授業の魅力を確かめに来てください!

 

↓お申込みはコチラ↓