〜たまには厳しいことも言わないとね〜 | 東進ハイスクール 田無校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2021年 12月 7日 〜たまには厳しいことも言わないとね〜

こんにちは!

担任助手3年の相良です!

 

気づいたらもう12月に入って、担任助手も生徒のみなさんを

どうしたら合格させてあげられるかを考えるのに必死になっています

 

よく受付前で質問をしに来てくれたり、

個別に英語指導を受けている姿を見ると

「やっぱみんな必死になるよな、、、自分もサポート頑張らなきゃな」

と思います。と同時に、受験生のみんなには

「まだ勉強できる時間があるからもっと有効活用してほしい!!」

とも思います。

 

ほんの少しでも勉強する時間があれば、それをフル活用してほしいです

例えば、勉強を中断して外に休憩に行く時、よく「外に行くのでスマホ貸してください」

って声をかけてくれる生徒を見ます。その場ではスマホを渡しますが、

超正直にいうと、内心「スマホじゃなくて単語帳持っていって!!」

って思ってます笑

もしかしたら懐に単語帳なり簡単に勉強できるものを忍び込ませているのかもしれません、、、

本当にそうだったらごめんなさいですが、持ってないよな〜?

という人がほとんどなのでどうしても思ってしまいます。

 

あとは過去問や単元ジャンルを印刷するときにどうしても待ち時間ができてしまいます。

そこでぼーっと立っている人を見た時もすごく思います

「なぜ勉強しないのだ!!」「もったいない!!」と、、、

 

共通テストまでの残り40日、国公立志望の人は受験が終わるまで80日の間、

勉強できる時間を有効活用せずに毎日過ごすと、

0.9940=0.669、0.9980=0.448

周囲の半分の勉強量になってしまいます。

逆に毎日勉強時間を少しだけ増やして過ごすと

1.0140=1.489、1.0180=2.217

となり場合によっては倍以上の成果となることがあります。

これ↑聞いたり見たことある人は一定数いるんじゃないでしょうか

 

僕が大学受験をした3年前よりは遥かに誘惑の量が多くなっています

ここで誘惑についていってしまうか

自分の欲に打ち勝って受験勉強を完璧にやり切れるか

が合否の決定的な分岐点になります

ぜひ皆さんは後者であってください。

少なくとも僕はそれを心の底から願っています。

もちろん他の担任助手も同じだと思います。

 

最近のブログは生徒の皆さんに優しめな内容やアドバイス系が多かったので、

一旦厳しめ?な内容をお送りしました!

最後の共通テスト模試まで1週間を切っています

今一度自分の勉強習慣を振り返って、全力で受験に臨んでください!!

 

では今日はここまで!

明日の更新は

渡辺大貴担任助手です!

お楽しみに!