~夏期合宿体験記・立花編~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2016年 4月 29日 ~夏期合宿体験記・立花編~

こんにちは!担任助手の立花です。

今日は現在申込み受付中の夏期合宿について紹介します(^^)/

4月LHRでもお話ししたので、今回はブログ限定版

僕の体験談も踏まえてお話ししますね。

…………………………………………………………………………

高校時代の僕は、行事・部活など高校生活を謳歌していました。

特に学校行事が好きで、体育祭では応援団長をしたり、合唱コンクールでは指揮者をしたり、文化祭では演劇をしたり・・・

とにかくすべてを全力で楽しんでいました。

部活は陸上競技部で最後の大会でも都ベスト8まで進み、引退は高3の7月だったため、夏期合宿に参加したのも部活が終わって1週間も経たないくらいでした。

しかし、この夏期合宿があったおかげでスムーズに受験勉強モードに切り替えることが出来たと感じています。

 

夏期合宿は本当に朝から晩まで勉強漬けで正直辛いです。

辛いですが、担任助手の先生方や同じグループの仲間はいつでも支えてくれました。

間違いなく周りの全員が本気で取り組んでいることが分かっているので、自分のそれまでの限界を突破するほどの勉強量をこなす上で、本当の意味で気持ちを共有できる存在は貴重でした。

クラスの担当だった安河内哲也先生の授業も、間違いなく今までの人生で一番楽しく最高の授業で、あっという間に5日間が過ぎ、最後の総まとめの修了判定テストではクラスで1位を取ることが出来ました。

達成感やばかったです、ほんとに。

夏期合宿の勉強量をやりきった自信はそのあともずっと自分を支えてくれました。 

 

夏期合宿はそこで学力が伸びるということももちろんですが、それよりも良かった点が3つあります。

☆まず1つ目は、「自分が限界だと思っていたラインが、実は限界ではないことに気付いたこと」です。

夏期合宿以降、夏休みは毎日17時間勉強し、センター試験の日まで東進に1日も休むことなく通い続けることが出来ました。これも夏期合宿で自分の限界(だと感じていたライン)を突破していたので、全く苦に感じていませんでした。

☆2つ目は、「合宿で学んだ勉強法で、その後の夏休みの勉強が劇的に変わったこと」です。

1秒も無駄にしないという気持ちで効率的に勉強を進め、目標としていた過去問10年分2周と日本史の再受講1周を完遂することができました。

☆最後に3つ目は、「この合宿をきっかけに第一志望校を青山学院大学から、現在通っている早稲田大学に変更したこと」です。

本当に、文字通り、「人生を変えた」夏期合宿でした。今でも心からそう思います。

 

なかなか受験生モードに切り替えられない。

勉強漬けは辛そうだし怖い。

正直、必死になるのは恥ずかしいことだと思っている…。

そんな人にこそ行ってほしいです。

なぜなら、そのままだと第一志望校には受からないだろうからです。

受験ってそんなに甘いもんじゃないということは、受験生として過ごした1年間と担任助手として過ごした2年間で痛いほど分かりました。

僕や、彼や、彼女が、あれだけ必死に毎日頑張って、夜も眠れないほど不安になって、色んな人に支えられ、勇気づけられたのに、受からなかった。

そんな「第一志望」という高い壁に、そのような気持ちで挑もうなんて本当に甘すぎると思うし、怒りすら感じます。それが正直な気持ちです。

どうせやるなら常に本気でやりましょうよ。

むしろこの1年間、「本気でやらない」その時間の使い方に何の価値があるんですか? 

 

夏期合宿に参加すれば、この5日間だけは間違いなく全国の受験生の中で質・量ともに最高の5日間になると思います。

今の成績は問いません。全員に合ったクラス・授業があります。

英語が苦手な人はこの夏で必ず克服&逆転しないと9月以降に追いつくのはほぼ不可能です。

自分は英語が得意だと思っている人も、今のうちに上には上がいるということを知った方がいいと思います。

周りを全員、東大をはじめとする最難関大学を目指す人に囲まれて、高度な問題に取り組む。

それほどハイレベルなクラス・授業も用意されています。

 

あとは皆さんの気持ち次第です。

 

僕が夏期合宿の担当だった担任助手の方に言われて、受験期の間ずっと大切に心に留めてきた言葉があります。

「追われるな、追え。」

みなさんもこの夏期合宿で、「受験勉強に追われる自分」から「夢・第一志望校を追う自分」に、変わりましょう。

…………………………………………………………………………

 これが僕が伝えたいことのすべてです!

参考になりましたかね?笑

夏期合宿について何か聞きたいことや気になる事がある人は

立花やその他の担任助手の先生でもいいので、

いつでも聞きにきてくださいね(^^)/

 明日は篠原担任助手が更新しまーす!

過去の記事