模試を最大限、活用する! | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2020年 6月 19日 模試を最大限、活用する!

 こんにちは!担任助手の大沢です!

最近かなり暑くなってきましたね!

クーラーの効いた部屋にいると、少しの外出で熱中症などになる可能性が高くなっています!水分補給などをしっかりして、皆さん気を付けていきましょう!

さて、いよいよ全国統一高校生テストが今週末にせまっています!

これまでの勉強の成果を確認したり、自分の欠点をあぶり出しこれからの指針を立てる最高の機会です!皆さん全力で取り組み、全力で活用しましょう!

今回はこのような模試をどのように活用していくか、アドバイスをしたいとおもいます!

 

①自分の力を把握する

これが一番皆さんが気にする部分に関することではないでしょうか

この科目が前回より点数上がった!」「ここ集中してやったのに点数がまったく上がってない・・・」など皆さん一喜一憂するのでは?

しかし、みなさん、気にするのはそこだけではありませんよ!一番気にすべきは、合格するには次はどのような勉強をすればよいか、です!それを明らかにするのが模試の結果なんです!

②本番の空気に慣れる

試験本番、試験会場はえげつない緊張感に包まれます。ほんとに息が詰まるほどです。

自分が行きたいと思っていればいるほどなおさらです。

そんな中、みなさんはいつも通りかそれ以上の力を出さなければなりません。そのために模試のような本番に少し近い緊張感に慣れていくことが大切です!

もちろん、模試に慣れたからといって、本番で緊張しないわけではありません。しかし周りの人より少し余裕を持てるほどの経験は模試で積んだ方が良いとおもいます!

③作戦の試行(試し)

受験はある意味で「戦」です。

それは厳しさが「戦」のようである、というだけでなく戦略が大きな分かれ目になる、という面から受験は「戦」と言われるのです。

作戦とはたとえば問題を解く順番時間配分です。

自分が得意な問題で周りに差をつける作戦、取れる問題は根こそぎ取りまくる作戦、等々。

色んな作戦がありますが、それを試す数少ない場が模試なのです!

作戦は武器です。それを本番に向けて改良していくため、どんどん模試でつかっていきましょう!

 

④学力を向上させるための道具にする

これは僕が一番大事だと思うことです!

模試というのは模擬試験です。つまり本番の問題をなるべく忠実に真似ています。

これは実力を測れるだけでなく、実力を向上させるのにもかなり有効なツールになります。

僕も実際、模試で出た問題が本番で出たりもしました!

だから復習を徹底的に行いましょう!

色々な復習の方法はあると思います。が共通して言えることは、復習とは「同じ問題がでたら全問正解できるようにすること」だと思います。

これは想像以上に大変なことです!

完璧にできる人はそうそういません。しかし、出来る限りでやることで確実に学力は向上します。

絶対に復習を全力でできる限り完璧にやりましょう!

 

 

 

以上が僕がすぐに思いつく模試簡単な活用法です!

抽象的ですし、当たり前のこと言ってるだけやん!と思う方もいるかもしれません。

しかし意外と本当にできている人は少ないとおもいます。皆さんも自分をみなおして、模試を最大限活用しましょう!

そして何より、21日の模試、みなさんが全力を出せることを願っています!

 

明日のブログ担当は長谷川文哉担任助手です!