~オススメの講座紹介⑩~ | 東進ハイスクール 田無校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 7月 17日 ~オススメの講座紹介⑩~

小さいころ好きな子守歌はきらきら星でした。

どうも東京農工大の星、担任助手の三澤です。

タイトルにもある通り、今日はオススメの講座を紹介します。

私がオススメする講座はずばり、志望校別単元ジャンル別演習です!

この講座は、その人の東進での学習の記録や、志望校などをAIが分析して、その人にあった二次私大や共通テストの過去問・類題を提供する科目です。

私の合格体験記にも書いたのですが、この講座の良いところは「採点・添削」「できるようになるまでやる」ということが徹底されている点です。

↓↓私の合格体験記が見たい方はこちらへ↓↓

(先ほど確認したらバグがあったのか語法が間違っている箇所がいくつかありました。)

東進合格体験記2022 (toshin.com)

まず「採点・添削」について

私の受験の経験からすると、受験勉強をする際、二次私大の典型問題を解くということは非常に大事です。

そしてそれらの問題は難関大になるほど「記述式」である場合が多いのですが、記述式の問題を自分で解いて、採点をするというのはなかなか難しい作業だと思います。

しかし、単元ジャンルではその記述式の問題を知識のある採点者が採点、問題によっては添削コメントを付けて、数日で返却してくれるので、とても役に立ちます。

ちなみに私はこの制度を二次試験のギリギリ前まで使用して、典型問題をたくさん解けるようにしていました。

次に、「できるようになるまでやる」ことについて

これは東進の他のコンテンツにも言えることですが、単元ジャンルでは、東進が問題ごとに合格点を設定して、その合格点に達しなければクリアにならないようになっているので、その人が本当にその問題を解けるようになるまで演習することになります。

このように、志望校別単元ジャンル別演習は演習方式が素晴らしいので、難関大を目指す人に非常に有益でオススメできるものです。

次回は、農工大の学食サラダのポテトサラダがマカロニサラダになって喜んでいた松本担任助手です。