~センター1日目、今すべきこと全て~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2016年 1月 16日 ~センター1日目、今すべきこと全て~

今年もこの日がやってまりいました

本日はセンター入試1日目です。

今日うまくいった人はさっさとブラウザ閉じて、明日に備えてください

うまくいかなかった受験生、2分だけお付き合いください。

 

まずは高校1、2年生の皆さん。こちらはうまくった人もそうでない人もまとめて。

大げさではなく、今日この同日体験受験をする時点で、周りの人にとんでもない差をつけることができています。

学力差ではなく、意識として、です

本番からみて1年以上前の今日、高い点数を取っている必要はありません(もちろん、すでに高得点であるに越したことはないですが)

大事なのは、志望校に合格するためにどれだけの差があるのかをしっかりと数値で策定すること。

難しいことなんかありません、「英語はあと〇〇点必要で、数学はこの分野が弱いな」ぐらいで大丈夫です!合格に必要な数値は全自動で出してくれます

これができていない場合、あえて厳しい言い方をすれば、進級するまでの1月、2月、3月はすべて無駄な期間になりえます。

冷静に考えてみてください。遊ぶことなんて、大学に入ってしまえばいくらでもできるとおもいませんか?巷で「大学は人生の夏休み」なんてささやかれるくらいですから(この状況が良いとは言いません)。

とするならば、今やるべきことは最も効率的に動くこと、こういうところに頭の良し悪しが出てきます。

勉強ができる=頭がいい のではなく、冷静な判断をくだせるかどうかです

厳しくて上から目線ないやな言い方になってしまいましたが、利益を最大化させましょう

 

センター1日目を終え、うまくいかなかった受験生の皆さん。

まだお疲れ様とは言いません。試験は私大・国立二次につながっていきますから。

ぼくは担当生徒に、口酸っぱく「大事なのは1日目が終わってからだよ」と言ってきました。

もしかしたら皆さんの中には、「ゆーてなんとかなるっしょ」「わんちゃんあるっしょ」(※若者の造語で「自分は大丈夫だろう」の略)と考えていたものの、いざ今日1日目を終えてみたら、予想を下回るできだった人もいるでしょう

残念ですが、これが現実です。

 

不遇な交通事故などにあわずしっかり会場で受験できた以上、そこに言い訳をすることはできません。

どんな結果であれ、それがみなさんの努力量の成果です。

そしておそらく、こういうことはこの先の人生で何回も起こります

思っていたのとは全く違う現実・・・みんな誰しも、自分に都合のいい現実を想定して、ある日突然、それがただの幻想だったと気づかされます

たぶん、人の人間力が試されるのはこういう瞬間です。

投げやりになって二日目を受けるのか、現実をしっかりと受け止め歯をくいしばり、出来る限り明日の対策をするのか

ぼくの友人は同じく東大に現役合格しましたが、彼はセンター1日目、国語が120点前後という大事故をおこして号泣したそうです。やけになり2日目は受けないと一旦親御さんにいったものの、なんとかセンターを終えました。そこから東大の二次試験まで校舎に毎日登校し、結果は現役合格。

月並みな言い方になりますが、センターを終えてから私大入試・二次試験までおよそ1ヶ月、この1ヶ月を頑張れるかどうかがみなさんの一生を左右します。

良いじゃないですか、この1ヶ月頑張ることができれば落ちたって。

どの大学行くかなんてあまり大きな問題じゃないですよ。企業の社長さんが全員東大早慶の出身かと言われたら違いますよね

大事なのは、この1ヶ月頑張れるかどうか

たぶん、並みの精神力じゃ1ヶ月ずっと頑張るなんて無理ですよ

でも、もし、この1ヶ月頑張れたら、10代のうちにそういう大きいことを成し遂げられたら、その自信が一生自分を支えてくれます

この自信を手に入れられるかどうかはすべてみなさん次第です

 

ぼくは人にがんばれと言うのが嫌いなので、みなさんが頑張るかどうかには(申し訳ないですが)あまり興味がありません

ただ、本当にその大学に行きたいのであれば、がんばってほしいです。

この1ヶ月でいいんです。

がんばればきっと、自ずと結果もついてきます

 

 

 

明日の更新は、篠原担任助手です

 

担任助手 高野