~ビジネス英語~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2016年 9月 4日 ~ビジネス英語~

こんにちは!担任助手の佐久間です 😮

先日の模試後LHRで、ビジネス英語に関するお話がありましたが、

皆さんは、受講したいと思いましたか?思いませんでしたか?

そう思った人も、思わなかった人も、よく読んでください!

僕は昨年に同じような説明会があり、なんとなくでしたが受講したいと思い、

事前申し込みをしました。

受験生時代はほんとになんとなくでしたが、

担任助手になって講座を開始してから、

ビジネス英語の偉大さに気が付きました!

それは、ビジネス英語本部の部長さんから直接お話をしていただいたときでした。

 

日本において現代社会のほとんどの会社・企業は、国内だけでの活動では、利益を伸ばすことは極めて困難で、

それでもなお国内活動を続けるのであれば、経営が成り立たなくなるのは間違いなしです。

そこでどの会社・企業が考えるのは海外出店です。

「私は海外に行きたくないです。」と言っている、思っている人が

いきなり上司に「お前海外行って営業して来い!」と言われたとします。

もはや、こういうことが将来当たり前になります。

実際に現地に行って日本語は通じません、あなたは何語を使えばいいのか。

それはもちろん英語です。

英語が世界共通の言語になった由来は、飛行機を例にあげますと、

中国から来る飛行機では中国語、ブラジルから来る飛行機ではブラジル語、スペインから来る飛行機ではスペイン語、・・・・・・・・

全部書くときりがないですね。

各地から来る飛行機でその母国語を使っていたら、訳が分からなくなります。

そこで統一言語と選ばれたのが英語なのです。

それで、海外営業の際には英語を使うのが主流になりました。

また、2020年から、小中学校の英語の授業がすべて英語で行われるようになります。

自分が英語を全くやっていない上司で、その代の新入社員が大勢入ってきて英語がペラペラだったら、

恥ずかしい思いをするとおもいます。

その時にいざ英語の勉強をしようと言っても、実際仕事が手一杯で勉強する時間など全くないのが現状です。

社会人になって英語を取り戻すのは大変な苦労を要します。

そこで、大学生のうちに英語を完成させようという目的であるのが、東進ビジネススクールのビジネス英語なのです。

 

部長さんのこの話を聞いて「これはやるしかない」と思って本申し込みをして現在受講をしています。

ビジネス英語のシステムはここで書くと長くなるので省きますが、

そのかわり、ビジネス英語の説明会を実施します!

 

本日9/4(日)18:30~@音読室

です。

これを読んで説明を聞きたい人はぜひ参加を!

 

明日の更新は、

8月の東進登校率が高い

浅井担任助手です。

お楽しみに!