~公開授業でした。もう一度言います、公開授業でした!!~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2015年 12月 14日 ~公開授業でした。もう一度言います、公開授業でした!!~

公開授業だったのです。

 

こんにちは、担任助手の高野です。

本日は東進の誇る名物講師渡辺勝彦先生の公開授業でした。

教室は満タン。机が足らず、予備の椅子とバインダーを用意しました。

さて、どうだったのか?

残念ながら僕は直接授業を受けられていないのですが、

教室から出てきた生徒たちの顔色を見るに・・・

 

 

 

最高でした!!!!!!!

一分一秒も止まらぬ「渡辺節」を目の当たりにして、教室は心地よい一体感を纏ったようです。

「英語は高2の3月31日までに終わらせる」

渡辺先生が、公開授業で必ず言うお言葉です。

僕がわざわざ付け足す必要もないほど、英語の早期学習は緻密な真理です。

受験をこれでもかというほど知り尽くして、

全科目のトータルバランスで見てなさる渡辺先生だからこそ、

このお言葉が出てくるのだ、と思います。

 

授業の後には、サイン会が開かれました。

肖像権の関係で、長蛇の列の写真を上げられないのが惜しいです!!!(号泣)

列の前線でカメラをパシャパシャ(写真がド下手なりに頑張りました)。

サインを書く際、何十人もいる生徒一人ひとりに

暖かい言葉をかけ、力強く握手する先生の姿が印象的でした。

 

 

そして、驚くべきことが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

なんと、公開授業には出られなかった受験生まで並び始めました!!

彼らは、センターまで1ヶ月という状況です。

毎日校舎に登校し、おそらく、今までの人生で「一番」頑張っている彼らに、

サイン会の後、先生から特別講義がありました。

 

 

 

・・・皆さん、この時先生に言われた言葉を、どうか、忘れないでください。

悔やみきれない過去に、不安でたまらない未来に、押しつぶされそうになったとき、

今をしっかりと見つめてください。

今日一日、どう振り返っても限界の頑張りが出来た。

この事実の30回の積み重ねが、残りの皆さんの時間を、

試験当日の皆さんを、支えます。

1カ月。

1カ月頑張るって、すごいことですよ。

生半可な覚悟じゃ、人間力じゃ、絶対無理です。

10代のうちに1ヵ月頑張ったという事実が、20代、30代の皆さんを、

きっと、支えてくれるはずです。

最後にもの言うのは、人間力です。

 

明日の更新は、受験王こと立花担任助手!