~兼塾でも東進をうまく活用しよう~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2020年 3月 12日 ~兼塾でも東進をうまく活用しよう~

こんにちは!

担任助手の川野輪です。

一昨日は東京大学の合格発表でした。

母校の硬式野球部からは、6人東大に受かったらしいです。

世の中の「東大合格者数に注目する」風潮は嫌いなんですけど、

結局東大合格者数は気になってしまいます(笑)

 

後輩たちはすごいですね。絶対新歓で捕まえます。

 

 

さて、自由にブログを書ける時期がやってまいりました。

今回は

兼塾している人向け!

東進ハイスクール田無校の活かし方

について、僕なりに書いていきたいと思います。

 

兼塾して東進に行きたい人の目的は、

「特定の科目を好きな時間に勉強すること」でしょう。

東進にすれば、

校舎が開いている時間であれば校舎で、それ以外の時間では自宅で、

いつでも受講することができます。

兼塾する以上、忙しい生活のすき間時間で受講することになると思いますが、

しんどくなったときは映像をとめればいいだけの話です。

これにどれだけ救われたことか(笑)

(ページを閉じると受けなおす手続きが発生するので気を付けましょう。)

 

また、東進といえば映像授業にばかり目が行きがちですが、

僕が伝えたいのはテキストの質の高さです。

(感じ方に個人差があるとは思いますが。)

受講したことをもとに、真に「すべての」問題を解き切れば、

どんな大学の問題にも対応できる実力(の基礎)がつくと思います。

これもすき間時間にやってしまいましょう。

 

そして!最後に重要なのは、

なんといっても田無校の柔軟な対応力でしょう。

東進には、定期的な模試・イベント、担任助手との面談が存在します。

これによってある程度「校舎全体」で頑張る雰囲気を作り上げるのですが、

兼塾しているとどうしても「全体方針と合わない」事態が発生します。

 

ですが、そんな時はスタッフの人に相談しましょう。

田無校はかなり柔軟に対応してくれると思います。

体験で東進に来ると、いろいろとやることがあって戸惑うと思いますが、

戸惑ったらそれをすぐに担任助手の人に伝えてください。

 

 

さて、言いたいことはこれくらいです。

すでに別の塾に入っている人でも、

気軽に東進の体験に来て下さいね!

 

明日の更新は、実はやり手の渡辺担任助手です!

おたのしみにー