~受験は団体戦?!~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2020年 9月 9日 ~受験は団体戦?!~

 

こんにちは!東進田無校担任助手の荒井です!

みなさん調子はいかがでしょうか~!

暑い日が続いたと思ったら、雨風が強い日もあって

着る服や体調管理も大変ですね…

荒井は名前によらず、秋・冬が好きなので早く涼しくなってほしいです^^笑

 

 

さて、突然ですがみなさん

「受験は団体戦!」

というフレーズ、今までに何度か聞いたことがありますよね~?

おそらく学校の先生や、担当の先生から言われているのではないでしょうか。

 

受験は団体戦か?という問いについて、私も団体戦であると答えます。

 

確かに、受験当日は自分1人で会場に向かうべきだと思うし、

解答を導き出して、記入して、提出する。のは、1人!自分ですよね。

 

 

でも、入試当日までの長い長い受験期、

それを支えてくれるのは周りの友達であり、ライバルであり、先生であり、家族だと思います。

もちろん、自分の努力なくして成績は伸びません。これは大前提!

が、周りの環境を無視して合格を勝ち取ることは不可能です。

 

 

実際、(もう三年前ですが)私も受験期には

家族や友達に支えられました。

学校の友達にも、東進での友達にも。

勉強に疲れたとき、思うように計画が進まなかったとき、

友達と話すことで「また頑張ろう!」という気持ちになれたし

みんなが頑張っている姿は非常に刺激になりました。

(東進田無校&都立武蔵組の卒業式の集合写真)

(渡辺大貴担任助手と。若いね。笑)

(ToshinのTポーズで!っていう。笑)

 

特にここの4人は、入試前日に田無校の踊り場で

「ついに明日だね~!ドキドキだね~!」

「がんばろうね~!」なんて話していたのを覚えています。

〝みんなが頑張っているから、自分も頑張る″

そう思える存在って素敵じゃありませんか?!

だから、みなさんもそう言われて思い浮かぶ存在がいればな、

と思っています。

 

意識的に作るものではないとは思いますが、

同い年の子でも、先輩でも後輩でも、担任助手でも!

なんなら、みなさん1人1人も誰かにとってそういう存在であるはずです。

実際、私も

「高校生のみなさんがこんなにも頑張っているし私も気合入れなくちゃ!」

と思わされることが多々ありますよ~。

 

共通テストまであと130日を切りました!

田無校みんなで志望校合格に向けて頑張りましょう^^

次回の更新は頼田担任助手です!

普段は言いませんが彼のブログの前置き、めちゃくちゃ面白くて好きです。

明日も楽しみですね☆ 乞うご期待!