~古文の勉強法~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2020年 6月 18日 ~古文の勉強法~

こんにちは!担任助手の佐藤です!

オンライン授業と課題に追われ、

生徒のみなさんの気持ちが痛いほどわかる今日このごろです。

 

最近何人かの担任助手が勉強法について話してくれています。

私は古典についてお話しようと思います。

古文、漢文は、文系の人や国立理系志望のひとは

とても悩まされる科目なのではないかと思いますが、

私はだいすきな科目です!(笑)

 

ということで今日はその中でも古文について、

どう勉強していけばいいか話します!

段階に分けて話すので、自分が今どの段階なのか考えながら読んでくれればと思います。

 

①助動詞を覚える

助動詞がわかっていないと古文は意味不明です。

意味と活用と、それぞれ完璧に覚えましょう。

個人的には単語よりも優先だと思います!

 

②単語を覚える

英語と一緒ですね。

当たり前のことに聞こえるかもしれないですが、

どうやったら古文できるようになりますか?って聞いてくる人たちは、

だいたい単語の暗記不足です。

とにかく古文の勉強は、単語単語単語単語!!!

学校でもらった単語帳で充分です。

動詞、形容詞、形容動詞の活用も確実に覚えてください!

 

③主語の変化に慣れる

古文は、主語を明記しないことが多いです。

いつの間にか主語が変わっていて、

それに気づかないまま読んで

訳が分からなくなってしまいがちです。

接続助詞のタイミングで変わることが多かったり

敬語の有無で見分けたりしますが、

それは覚えるというよりも慣れるしかありません。

ひたすらに演習を重ねましょう。

 

低学年の人たちは、今のうちに単語とかを入れられると

受験生になってからとても楽だと思います。

一方で受験生の人たちは、

基礎が入ってなかったら焦ってほしいけど、

演習もめちゃめちゃやってください!!

質問対応いつでも受け付けています!

 

明日の投稿は、現代文と、人の気持ちを考えることが得意な、

大沢担任助手です!

(石山担任助手に聞きました)

おたのしみに!