~大学生活の楽しみ方~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2020年 9月 14日 ~大学生活の楽しみ方~

皆さんこんにちは!担任助手の根津です!

先日、奥多摩の方に行ってきました。

自然を求めて、奥多摩まで足を運んでみたわけですが、

想像よりはるかに雄大な奥多摩の自然

大都会、西東京市に住んでいる僕にとっては

同じ東京とは思えませんでした。

日本の約7割が森林であるという事実を

身をもって実感いたしました。

 

もう一つ驚いたのが、人の住んでいる場所です。

奥多摩の日原鍾乳洞に行く際に、奥多摩駅から日原鍾乳洞まで

日原街道という道を使っていくんですが、

この日原街道、街道とは名ばかりのただの山道なんですね。

そんな山道の途中に、人が住んでいるような地域が

あるんですよ!!

コンビニもスーパーもないような場所でどうやって

生活しているのかすごく疑問でした。

毎回駅の方まで下りていってるのであれば、

相当の手間ですね。。。

 

みたいな感じで、同じ東京都はいえ、

環境、住み方なども大きく違うんだなという

発見のあった良い旅でした。

老後に住むにはいいかもしれないですね、奥多摩。

 

すみません導入が長くなってしまいました。

今日は大学生活の楽しみ方について話していきたいと思います。

高校生のみなさんにとって大学生活はどのような印象でしょうか?

 

僕は高校生の時、

大学生って暇そうでいいなあ

と思っていました。

ですが、実際に大学生になってみると、

僕が想像していたより、大学の勉強、課題は

とても忙しいものでした。

大学の授業がある期間は、ほとんど毎日

レポートかその他宿題をやっている感じです。

 

確かに、授業シーズンがとても忙しいのは事実ですが、

同時に、大学生は長期休みが長いという特徴もあります!

例えば僕の大学は、夏休みと春休みがそれぞれ2ヶ月ずつくらい

あります。

しかも、大学の長期休みは、

宿題がない!!

大学によるかもしれませんが、多くの大学の夏休みは宿題がありません。

つまり、まるまる2カ月間の時間が使えるという訳です。

この長期休みの間に多くの大学生は、

旅行に行ったり遊びに行ったりするわけです!

 

僕自身も、大学生になってから色んな場所に行ったり、

色んな経験をしました。

高校生の時とは比べ物にならないほど、

世界は広がりました。

 

大学の4年間は、みなさんにとっても

新たな刺激価値観と多く出会える期間だと思います。

是非多くの経験をしてもらいたいと思います。

 

その為には、皆さんは大学受験という関門を越えなければいけません。

受験は辛くて苦しいことも多いですが、

そこで苦労したぶんだけ、より大学生活を楽しめると思います。

どうか最後まで、頑張り切ってほしいです!

そしてその後に待ってる、楽しい大学生活を存分に楽しんでほしいと思います。

 

 

さて、次回の更新は佐藤優梨こと佐藤担任助手です!

乞うご期待!!