~明日から人に話したくなる!田無校 土木講座~ | 東進ハイスクール 田無校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2020年 11月 28日 ~明日から人に話したくなる!田無校 土木講座~

みなさんこんにちは。

担任助手の岩村(兄)です。

 

シリーズ第二弾となりました。

「明日から人に話したくなる!田無校土木講座」

 

 

こちらのシリーズは

大学で土木工学を専攻している私岩村が

僕らの日常に潜む、

土木にまつわるテーマを毎週設定し、

「明日から人に話したくなる」ような

土木に関する豆知識を

お話しするシリーズです。

 

今日のテーマはこちらッ!

「首都高速道路」

 

通称「首都高」、

1964年に開通した都市高速道路のことですね。

皆さんもお出かけの際に

一度は利用したことがあるのではないでしょうか。

 

1950年代、

東京都市部における慢性的な交通渋滞が問題となっており、

計画されました。

 

1964年の東京オリンピック、

世界各国からあつまる人々を

羽田空港から都市部へ、

そして国立代々木競技場や選手村があった代々木まで運ぶためのルートとしても

考えられていました。

 

計画段階からわずか

10年ほどで開通させることが出来たのは

河川や国道の上空に建設することで、

用地買収の手間を極力抑えたり、

巨大な空洞の箱を川底に沈めてトンネルを作るという

当時では珍しい工法を採用したりと、

様々な工夫と努力があったからなんですね~~

 

ほとんどの区間が橋梁のため、

車からの景色はとてもバラエティに富んでおり、

レインボーブリッジから見るお台場の夜景や、

東京タワー、スカイツリー、

川崎の工場夜景等、

デートスポットにはうってつけです!!

 

皆さんも、大学生になったら

自動車の免許を取得して、

首都高ドライブ、

やってみてはいかがでしょうか。

 

明日の投稿は

岩村チルドレン一期生

頼田担任助手です。

 

おたのしみに~