~生命科学を志した理由~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2020年 5月 28日 ~生命科学を志した理由~

こんにちは!

担任助手の廣野です💪

やっと緊急事態宣言が明けましたね。

しかし、油断は禁物です!

外出する時は、マスクの着用、3密を避ける、帰宅時の手洗いうがいを徹底していきましょう!

 

さて!

今日は「大学で楽しいこと」について紹介したいと思います。

ズバリ、僕が大学で楽しいことは、研究室で自分の研究を進めることです!

研究が楽しいの!?と思う人もいるかもしれません笑

しかし、授業の課題などとは違って、研究は「答えが1つではない」ことが面白いなと思っています。

僕が大学で与えられたテーマは、DNAからタンパク質を作るときに、その速度が一定だと思われていたものが本当は遅くなったり止まったりするのはなぜか、ということを調べることです。(言ってることが難しいかったらごめんなさい笑)

従来、リボソームでのタンパク質合成は停滞することなく一定の速度で進むものと考えられていたが、ときには「一時停止」が起こり、その一時停止そのものがタンパク質の機能に直結する例があることがわかってきた。

(東京工業大学HPより)

 

今年から研究室に配属されたばかりで分からないことだらけですが、先輩や先生にいろいろ聞きながら試行錯誤して自分の研究を進めています。

同じデータを扱う時でも、いろいろな解析の仕方があったり、こんな結果が出たから次はこうしよう、といったように

常にどうしたら結果が出るかを考えながら進めていくのが案外楽しいです!

課題とかとはまた違い、答えが1つではないのでどうしたらいいのか分からないこともありますが、いい結果が出て他の人に評価されたときは嬉しいです。

まだまだ研究室に配属されて間もないですが、早く慣れて来年の卒業論文でいいものができるように頑張っていきたいと思います!

 

以上、廣野のブログでした~

次回の更新は丸尾担任助手です!

おたのしみに~