~第一志望対策を今完成させる意味~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2020年 11月 1日 ~第一志望対策を今完成させる意味~

 

みなさん、こんにちは!

二年の秋元です。

先日僕の推しのプロ野球チーム(パリーグ)が

優勝を決めました! すごく嬉しいです!

コロナ禍で大変な状況でも変わらぬ努力を続ける姿を見て

自分も目標達成のためには

もっとがんばらなきゃいけないなと思いました。

そんな本日のテーマは「第一志望対策を完成させる意味」です。

なぜ今第一志望の問題に取り組むのでしょうか?

皆さんの大半は現役での大学合格を目指し、

第一志望だけでなく、

他の大学・学部も抑えの一つとして、受験すると思います。

となればそういった大学の過去問も

今後解いていかなければならないわけです。

日程的には偏差値が高いと言われる大学ほど

日程が遅めに設定されているので

抑えの大学の合否が先に出ます。

ここで確実に合格をとっておきたいですよね

(気持ち的に)

実際の数字として抑えの大学に合格してから

第一志望校の大学を受験した方が

合格率が高いと言われています。

ということは第一志望の対策を早めにすること

すなわち

併願校の対策に割ける時間が多くなる

すなわち

併願校に合格しやすくなる

すなわち

第一志望校に合格しやすくなる

という好循環が生まれるわけです。

だから今、第一志望の問題に真剣に取り組みましょう!

まずは過去問!

そして明日から始まる「第一志望校対策演習」という

第一志望校の類題が厳選された問題演習を積み重ねて

早期完成をめざしましょう!

明日は田無校の元気印

石山担任助手です!

お楽しみに!