~自己採点~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2020年 6月 22日 ~自己採点~

皆さんこんにちは。

担任助手の岩村(兄)です。

 

昨日、全国統一高校生テストが行われました。

受験された方お疲れ様です。

 

今回の模試は共通テスト型のマーク模試でしたね。

 

模試が終わると

学校や予備校の先生が、

マーク模試後はすぐに自己採点!

模試の鉄則!!

と話しているのを聞いたことがあるかもしれません。

 

僕は受験生時代、

そんな先生たちの話を聞いて

「やる意味ある?」

と思った記憶があります。

 

なぜなら

試験から数日たてば、

目を覆いたくなるような点数(岩村の場合)、

偏差値、校内順位、志望校判定がばっちりと記載された

模試帳票が返却されるからです。

 

皆さんの中にも

「自己採点意味ない説」

を唱えている人もいるかと思います。

 

でもこれ、

ご存知の方もいるでしょうが、

確固たる理由があるのです。

 

その理由とは、

本番の共通テストでも

全員必ず自己採点をする必要があるからです。。。

 

きっとこれだけでは納得できないでしょう。

 

さらに詳しく説明します。

 

共通テストは1月開催です。

大学入試センター(共通テストを運営している団体)が

みなさんの点数を開示するのは、

4月に入ってからです。

 

ということは、

共通テストの正しい結果を知らないまま、

皆さんは私大や国公立二次の問題に挑むわけです。

 

 

ん、、、、なんでそんなことする?

 

 

少しネットで調べてみましたが、

理由はよくわかりませんでした。

 

 

ということは、

みなさんは

共通テスト受験後

可能な限り正確な点数を

自力で把握する必要があるのです。

 

共通テストの点数は、

大学に出願する際

貴重な判断材料になりますからね。

 

 

したがって、

日頃から模試を通して

「自己採点の練習」をする必要があるのです。

 

結構

自己採点結果と公式の成績開示結果の点数が

ずれていたなんてことも

よく聞きます。

 

(ちなみに岩村は7点ずれていました、僕のようにはならないように、、、)

 

 

 

みなさん

自己採点はもう終わりましたか??

 

まだやっていない人は、

本番を意識して

今すぐやりましょう!!

 

明日の更新は

 

お楽しみに~~