~難関大学に合格した人の共通点~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2020年 4月 1日 ~難関大学に合格した人の共通点~

みなさん、こんにちは!

担任助手の阿部です!

 

秋元先生からいつも笑顔の中心でいるとのお言葉をいただきましたが、ありがたいお言葉ですね(^^)

生徒からも、『元気ですね』や『ポジティブですね』とよく言われます。

私のモットーは【人生を楽しむ】なので、それが全面的に出ているのかもしれませんね()

私のこの性格といいますか、明るさと言いますか、で一人でも多くの生徒の心の支えになっていたら嬉しいです!!!

 

さてさて、本題に入りましょう。

私は受験生を一年間見てきたわけですが、そこで気づいたことを話そうと思います。

今年も田無校では、難関大学合格者が多数出ました!!!

難関大学に合格した9割の人に共通していたことがあります、、、皆さん知りたいですよね?

それは『校舎に毎日登校して勉強していた』です。

実際、難関大に受かった生徒はよく校舎に来ている子がほとんどでした。

私自身、受験生時代は毎日登校、かつ開館登校・閉館下校していました。

その結果、私も第一志望の大学に合格することが出来たと同時に、

毎日東進で一緒に勉強していた仲間のほとんどが難関大学に進学しました。

 

実際、私が受験生のときによく校舎で見かけた生徒は、高確率で難関大学に合格していました。

 

受験生に限らず、高1、高2生でよく登校している生徒は模試の成績が良かったり、点数が伸びたりしています。

 

簡単なようで、これが出来る生徒は以外と少ないです。

私たち担任助手が生徒の皆さんに毎日登校するように呼び掛けている理由がここにあるのです。

 

 

やばい、全然登校していない、、、受講も高速も最近さぼってる、、、という生徒は

今日から!!!毎日登校しましょう!!!

 

しかし、新型コロナの影響で自宅待機や外出自粛要請が出ています。

田無校でも、細心の注意を払って、入口での検温、アルコール消毒の徹底、教室の換気など行っていますが、

それでもやはり校舎に来て勉強することに抵抗がある方は多数いると思います。

 

そのような方は、東進ならではの自宅受講を大いに活用しましょう!それだけでも結果は大きく変わっていきます。今から周りに差をつけていきましょう!

 

明日の更新はずる賢くてなぜか憎めない川野輪担任助手です!

お楽しみに~!