~新生活の始まる季節~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2018年 3月 2日 ~新生活の始まる季節~

こんにちは!

担任助手の春原です!

 

さて、近頃は花粉が飛び始め、春一番も吹いたそうでますます春の到来を実感しますね。

私自身も、去年の春は大学生になることをとても楽しみに、

そしてワクワクした気持ちで迎えていました。

 

皆さんはどうでしょうか?

 

まだ高校1,2年生の方は、受験に対して漠然とした不安を抱えていると思います。

また、高校3年生で進路が来まっている人はキラキラの大学生活を想像していそうですね。

そんな季節になった今回は大学生活について、改めて書こうと思います。

 

1年間、自分が大学生活を送っていて感じたことは2つあります。

 

1つ目は将来就きたい職業が明確に決まっていない人にとって、学部はそこまで重要ではないということ、

2つ目は大学生活は自分で行動しないとつまらないということです。

 

1つ目に関して、誤解を与えないために先に説明しておくと、

教師になりたい人が教育学部や、医者になりたい人が医学部

という際には学部はとても重要です。

ただ、自分のように将来の夢や就きたい職が明確に決まっていない人にとっては

そこまで気にする必要はないと考えています。

 

次にそう考える理由を説明したいと思います。

自分は慶應義塾大学経済学部に通っていますが、学ぼうと思えば

他学部の授業も学ぶことが出来ます

さらには一般教養科目という科目では、専門の学部ほど深くはありませんが

法学や文学も学ぶことが出来ます。

 

大学で自分の夢等を考えたいと思っている人は、

学部より、そこで自分がどれだけのことにチャレンジできそうかを考えてみると良いと思います。

他大学も一般科目等の名称でこのような授業が行なわれていることがあるので

是非調べてみてください。

 

2つ目は、1つ目にも関連してきますが大学生活は自分で動くことが大切だということです。

大学では良い意味でも悪い意味でも自由です。

授業中寝ていてもほとんどの場合は起こされませんし、

出席を取らない授業もあるので、極端に言うと

大学に行かなくても誰にも注意されません。

 

ですが、今高校生の人たちはそんな大学生にはなりたいと思いませんよね?

そうならないためにも、大学生活では授業以外にも

アルバイト、サークル、部活、資格取得、旅行、、、など

色々な事にチャレンジできるので、今のうちから大学生になったら

何に力をいれていこうか考えてみてください!

そのためにも大学について調べて、この大学だったらこれできる、

あの大学だったらあれができそう、などなど

調べまくってみてください!

それが勉強に対するモチベーションにもなると思います!

 

もちろん大学の途中でやりたいこと、将来の夢が変わることもあるかと思いますが、

それはそれでありだと思いますし、その時はその時で悩んで考えてみればよいと思います。

まだ確定していない将来、その夢が変わるかもしれないなどは考えずに、

純粋に今の夢や目標、興味を大切にして大学を目指してください!

 

明日の更新は昨日に引き続き、独特な感性と文才を持ち合わせた田無校の奇才、林担任助手です!

林担任助手は最近、新たにダンスに挑戦しているみたいで、

ダンスの時は眼鏡ではなく必ずコンタクトを着用しているそうです。

お楽しみに!

 

過去の記事