~自分の責任で自分の為に~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2020年 12月 8日 ~自分の責任で自分の為に~

こんにちは、大沢です

先週末、やっと車の免許を取れました!

六月ごろから通い始めてやっとです

なんだかんだでずっと忙しくてなかなか一気に進められなかったんですよね

やはり担任助手としての仕事が一番忙しかったのですが、学校のレポートとか試験に追われ、ゼミの試験準備に追われ・・・

もちろん、高校時代に比べ自分で自由に使える時間は増えたのですがその分、自分で責任を持たなければいけない物事が増え

なんだかんだで自分のやりたいことがあんまできないここまでの大学生生活だったと思います

しかし安心してください、高校生の皆さん

高校生活、特に受験生の生活より忙しいことなんて大学生ではなかなかありません!

確かに部活とかサークルとかで忙しいことはありますがそれは自分で選んだ道です

高校では別にやりたくはない英語の勉強を受験の為にしなきゃなんなかったりとかとか

でも大学生はそんなことは比較的少ないです

授業も自分で受けたいものを選べますし、バイトも自分でやりたいのをできます

部活もサークルも別に強制ではないですし、なんなら全然そういうのに入部してない人も沢山いるんで

そういうのは好きな人だけやる感じです

自分でさまざまな契約が出来たりします

僕も夏ごろからスポーツジムに契約しました

自分の選択肢の幅もふえ、やるorやらないがかなり自由になります

めちゃ楽しそうじゃないですか?

実際楽しいです

僕は今年は出来ませんでしたが、来年からは僕もやりたいことやりまくるつもりです

ただ自分がやりたいことが出来るぶん、それなりの責任がともないます

授業をちゃんとうけなければ容赦なく単位をおとされて留年になりますし、バイトもだらければクビになります

どれだけ愚痴や文句を言ってもいいですがやるべきことはちゃんとやらなきゃいけません

このときはいかなる言い訳もできません

別にやりたくないから、とか部活とかバイトで忙しいからと言って自分がやるべきなにかを疎かにできる理由にはなりません

これは大学受験においても同じになってきます

大学に行く行かないも自由ですし、どんな大学を受験するのかも自由です

どれだけ勉強するかも

但し、この時自分が起こした行動に対し、誰も責任をかわりにとってはくれません

なんか暗い話になってしまいましたね

でも自分が責任をもってやった行動に対して、褒めてもらえることができるのも、対価を得られるのもあなた自身です

頑張った結果で何かを成し遂げられたとき、それを「すごい!良く頑張ったね!!」と言ってもらえるのは先生でも塾の先生でもなく、あなた自身です

皆さん、自分の責任で頑張りましょう

皆さんなら最大限、できることを頑張っていれば何かを得られます

僕たちはそれを全力で応援します

それは僕たちがそれをやりたくて、この仕事をしているからです

皆さんが遠慮する必要はありません

一緒にがんばりましょう

 

明日のブログ担当は丸尾担任助手です

お楽しみに!!

 

過去の記事