10月 | 2020 | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ 2020年10月の記事一覧

2020年 10月 20日 ~模試で気を付けること~

こんにちは!

担任助手の岩村逸平です

全国統一高校生テストまで今日を入れてあと6日となりました。

受験生の皆さんは今回12月で共通テストレベルの模試は終わりで

次はもう本番になります!

あっという間ですね。。。

ただ、日にちだけ見ると短いようにも感じますが、受験生はここからが1番伸びます!

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」

他の担任助手が既に使っていたかもしれませんがほんとにこの通りです

僕の母校の武蔵野北高校はスラムダンクのモデルになっていたのでこの言葉をよく聞かされてました笑

 

さて本題に入ります

皆さんは模試を本番と同じような感覚で受けることが出来ているでしょうか?

残り2回しかないと考えると

いかに本番と同じ状況を作れるかが大事になると思います。

そこで今日は本番と同じ状況を作るための大事なポイントを1つ紹介したいと思います

それは時間配分をしっかり決めるです

時間が厳しい英国数は大問ごとに何分と決めて

それを超えたら次の大問にいくということを徹底してみてください

本番は焦りと緊張から同じ大問に固執してしまい時間が足りなくなるということが起こり得ます。

なので今のうちから時間配分を決めておくようにしましょう!

他にも受験する際に注意すべきことはたくさんあります

良かったら担任助手に聞きに来てみてください!

 

明日の登校は僕が生徒の時の担当担任助手だった荒井担任助手です!

お楽しみに~

 

 

 

2020年 10月 19日 ~メンタルの保ち方~

皆さんこんにちは!!

担任助手の根津です!!

一昨日頃から急に冷え込んできましたね。

今年初めて、寒さで目覚めました。

まだまだ夏の感覚のまま、家では半袖半ズボンで過ごしていたんですが、

もう限界ですね。

皆さんも、温度調節体調管理だけは怠らずにしてくださいね!!

 

さて、今日のお話は、メンタルの保ち方という話についてですね。

とうとう昨日で共通テストまで90日を切りました。

この時期になると、少なからず焦りや不安、緊張などを多少覚えてくる生徒も

少なくないと思います。

ただ、みなさんに一つ言っておきたいこと、それはですね

皆同じ気持ちだよ

ってことですね。

受験生は遅かれ早かれ、入試が近づくにつれて不安や緊張などは

絶対感じます!!感じない人なんていません!(多分)

だから、みなさんが今抱えている不安や緊張は、

全国の高3生、浪人生も同じように抱えていると思ってください。

同じ条件で入試に挑むわけです。自分だけじゃないと思うだけで

少し気が楽になると思います。

 

では、そもそもなぜ不安を感じるんでしょうか?

合格できるか不安、やっていることがあっているか不安などなど

理由はおおくあるとおもいますが、

恐らく一番根底にあるのは、

大学受験で失敗したら自分はどうなってしまうんだろう

という不安だと思います。

特に中学受験や高校受験を順調に来た人たちは、

落ちるということがどういうことかよくわからない人が多いと思います。

この「大学受験で落ちる」ということが得体がしれないからこそ

不安が大きくなるんだと思います。

 

ですが、逆に考えれば、不安に感じているということは

それだけこの得体のしれない大学受験というものと

真剣に向き合っている証拠だともいえます。

この不安に逃げずに向き合い、努力するからこそ、

大学受験は大きな成長をもたらしてくれるんだと思います!

 

ですから、不安を感じていることは

自分がしっかりと向き合っている証拠なんだと思ってください。

この気持ちと向き合うのが大学受験の醍醐味なんだという

気持ちで、ぜひ乗り切ってほしいと思います。

 

残り3ヶ月で大学入学共通テストです!

最後まで出来ることを全力で取り組みましょう!

 

さて、次回の更新は僕の高校の野球部の後輩

岩村逸平担任助手です!

乞うご期待!!

2020年 10月 18日 ~ピースを埋めていこう~

こんにちは

担任助手4年の長谷川です

 

最近、担任助手の賴田さんから、パズルをもらったので、

久しぶりに(本当にに何年振りだろう?)

パズルを作り始めました

 

これが

 

結構大変でした汗

 

正直パズルを甘く見ていました

300ピースなので、1,2時間ですぐ作れるものかと思ってましたが、

かなり手こずっています

 

もちろん数あるピースの中から、

正解のピースに出会った時の喜びはそれなりのものが有ります

ただ、その喜びの到達する為には、その前に多くの時間をかけないといけません

とくに最初は選択肢が300のところからピースを産めないといけないので、

なかなか正解のピースにたどり着くことが出来ないです

正直つまらなかったです

何度か、あきらめかけました

ただ最初は、時間がかかっても、どんどんピースを埋めていくとヒントも多くなるし、

選択肢も300から299、298、297と当然減っていくわけで、

ピースを埋めていくスピードは速くなります

 

勘のよい方なら分かると思いますが、勉強も同じです

最初はなかなか理解できづらいし、つまらないです

それでも少しずつ、パズルのピースを埋めていくように、確実に勉強を進めて行けば、

加速度的に覚えるスピードは速くなるはずです

特に、英単語や古文単語、日本史や世界史などを暗記モノは当てはまると思います

 

つまり、僕が言いたいのは

「最初が一番つらいかもよ」

ということです

勉強を始める、新しい単元を始めると

「この辛さ・大変さがずっと続くのか。。。」

と考えてしまい、つい手が止まってしまいますよね

 

もしそんな考えが頭をよぎたったら、パズルの話を少し思い出してみてくださいね

 

明日の更新は渡辺大貴担任助手です

お楽しみ~

 

 

 

 

 

 

 

2020年 10月 17日 ~併願校の決め方~

 

みなさんこんにちは!!担任助手の石山です!!

 

10月1日から秋学期が始まっていますが

 

すでに授業がたまりにたまっています。

 

秋は頑張ろうと心に決めたのにどうも上手くいかないですね。

 

受験生のときはしっかり目標もあって、

 

中途半端にやったら第一志望校に落ちてしまうというスリル(?)

 

もあったので本気になれて楽しかったです。

 

毎日とても充実していて

 

ニキビ全くできなかったです!!

 

皆さんも受験生活をenjoyしていきましょう!!

 

さて、本日は私の併願校の決め方について書いていこうと思います!

 

私はまず慶應大学にとっても行きたかったので2学部受験しました。

 

早稲田が第一志望校であればもっと多くの学部を併願してもいいかもしれません!

 

あとはGMARCHをたくさん受験しました!

 

GMARCHにもランクがあります。それを考えて受験しました。

 

また、大学の中でも学部によって合格のしやすさ違います!

 

私の場合、立教の経営学部と経済学部をセンター利用で受験しました!

 

結果は経済学部合格、経営学部不合格でした!

 

いろいろなレベルの大学を受験するのもいいですが、

 

同じ大学の違う学部をうけるのもおすすめです!

 

そっちの方が傾向が似ていて

 

対策が楽な場合があります!!

 

受験校の決め方でわからないことがあったら

 

気軽に担任助手に聞きに来てくださいね!!

 

明日の投稿はあざとい長谷川担任助手です!

 

 

 

2020年 10月 16日 ~全国統一高校生テストを受験する一般生必見!!!~

 

みなさんこんにちは!

担任助手2年の相良です!

 

そろそろ模試が近づいてきましたね!

東進生のみなさんは、今までやってきた受講や過去問園主の成果を存分に発揮してください

一般生のみなさんは、普段学校の授業をどのくらい理解できているか、

共通テストのレベルはどれほどなのかを知ることができる、

良い機会だと思います。

 

そこで!

さらに模試受験をよいものにするために、

模試に向けて得意をさらに伸ばすor苦手を克服する

ために無料授業にご招待しています

その名も「冬期プレ招待講習」です!

 

昨日と内容はほぼ同じですが、

一般生のみなさんに受けてほしいので改めてちょこっと紹介します!

この招待講習は模試に申し込んでいただいた方限定で受講することができます!

志望校合格へ向けた第一歩を踏み出す、絶好のチャンスです!

まず全国統一高校生テストへの申し込み、

続いて冬期プレ招待講習への申し込みをお待ちしております!!

 

明日の更新は、石山担任助手です!

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事