~受験生の皆さんへ 川野輪先生よりメッセージ~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2019年 12月 8日  ~受験生の皆さんへ 川野輪先生よりメッセージ~

 

公開授業まであと5日!

 

こんにちは!

担任助手の川野輪です。

なにかおもしろいことを書こうとしたのですが、

「最近歯が欠けた」くらいしか思いつきません。

昨日のブログの写真ですが、

棚の上のダルマがこっち向いててほしかったですねー。

 

さて、受験生へのメッセージなんですが

この時期の受験生へのメッセージなんて難しすぎます。

繊細ですからね。

繊細といえば、僕の高校のクラスは

みんなで模試ごとに「はい、お前不合格」

とかいちいち言い合うような殺伐としたクラスでした。

 

まあ、別に嫌いではなかったですが(笑)

 

そんな僕にしか書けないことといえば、

周りに不安を与えるような人は無視しよう

ということでしょうか。

 

嘘のような本当の話なんですが、

早稲田の理工を受けた時に

「どうしてこんな簡単を出題したのか、意図を説明してほしい」

と廊下で言っている人がいました。

(僕の高校同期なんですけどね(笑))

東大の試験会場に至っては

最後の科目を残した状態で「合格を確信した」と

豪語している人がいました。

…その人が受かったかどうかは知りません(笑)

 

 

とまあ、こんな感じで

自分との関わりが一切ない人もいるような試験会場では、

自分の”常識”を平気でぶち破る人々が存在します。

そういった人を気にしたら負けです。

そんなことがわかっていても、

自然と不安になってしまうし

自然と普段なら流せることが気になってしまう

のが本番の怖さだと思います。

 

あなたは、

どのような姿勢で字を書きますか?

どれくらいのスピードで書きますか?

どのような格好でしょうか?

机の上には何が置いてあるでしょう?

 

こういったことを普段から気にしていれば、

本番では変に気になったりしません。

「受かるかなあ」みたいなことを考える余裕があるなら、

普段当たり前に思うことをどんどん意識してみましょう。

集中できれば、きっと合格できますよ!

(浅野光弥担任助手です。癒されますね!)

 

これでブログは以上です。

最近の自分のブログは、思いつくままに書きすぎだと

反省しています。。。。。

 

明日の更新は、土曜日でも大学で授業がある(爆笑)

学徒・ 担任助手です!

お楽しみに!