ブログ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ 

2020年 5月 27日 ~一日中集中を保つ方法~ (後編)

 

こんにちは!

一年担任助手、大沢泰輝です!

昨日に引き続き僕がブログを書かせていただきます!

昨日は一日中しっかりと勉強を続け、集中力を保つ方法を三つ、ご紹介しました!

1.しっかりその後の勉強に切り替えて時間を区切れるような事でリラックスする時間を入れる

2.集中できる環境を見つける、整備する

3.適切で勉強がはかどるような計画を立てる 

この三つです!きちんと伝わっていたでしょうか?これらは主に僕もやっていたことです!

 

しかし、ほかの担任助手に聞いたり、僕が独自に調べたところ、他にも多種多様な方法を見つけました!今日はそれらを皆さんにご紹介したいと思います!

まず一つ目自分へのご褒美を作ること

やっぱり一日勉強できたら達成感はあるとは思いますがそれでもめちゃくちゃ疲れることにかわりはありません。

そこで!しっかり頑張れたら自分にご褒美を与えるのです!

例えばおいしい甘いデザートを食べたりですね!疲れた頭に甘いデザートはしみますよ!

他には新しいシャーペンを買うと、そのシャーペンを使いたい!と思えてモチベーションをあげることがますよ!

(僕は意志が弱くてご褒美を我慢できなかったのであまり使いませんでした…)

二つ目勉強を習慣化させることで慣れる、ということです!

毎日勉強をすることを続けて、毎日勉強をするのが当たり前である、と思い込むのです!

スポーツをやっている人は割とわかると思いますが、最初はきつかったトレーニングも数をこなしていくうちにだんだん慣れて疲れなくなったり逆に最初より負荷を増やせる、ということがあると思います。

それと同じ原理でとにかく最初は耐えて頑張って、慣れる!多少力技だと思うかもしれませんが、受験において、最終手段として意外と強引さは必要なことがあります。

もちろん綿密に立てられた計画で、むりせず合格することがいちばんですが、そうはいかないこともたまに起こりますからね。

習慣化して毎日勉強に慣れること、これも大きなキーになると思います。

三つ目として、科目をある程度の頻度で変える、ということです。

ずっと同じような事をしていると人間は飽きてしまう生き物です。

勉強も同じように飽きてしまうでしょうし、そうするとだんだんと勉強が機械的な作業になってしまいかねません。

例えば英単語を暗記しようとしたときにただただ機械的に読むだけ、になってしまうと暗記の精度、進度が著しく低下してしまいます。

勉強はすべての科目において機械的な「作業」になってしまうとほとんど効果が無くなってしまいます。

なので飽きないように、ちょこちょこ勉強する教科をかえていくといいと思いますよ

飽きないようにする、という面からみると場所を移動する、というのも効果的です! 

東進にいるときも受講室や自習室、音読室など場所を時々かえると気分転換になります!

 

いかがだったでしょうか!?

今日言いたかった方法は

1.頑張ったら自分への褒美を用意する

2.勉強を習慣化させる

3.飽きをなくす、勉強を機械的にさせない

といった感じです!

もちろん皆さんそれぞれに合った、特有の一日中勉強に集中する方法はあると思います!

ただ昨日、今日と僕が紹介したことを参考にしてくださると幸いです!

校舎に来れるようになったらぜひ皆さんの勉強方法を教えてくださいね!

 

明日のブログ担当は頼田拓真担任助手です!

 

        

 

 

 

 

 

 

 

2020年 5月 26日 ~一日中集中を保つ方法~ (前編)

こんにちは!

渡辺大貴担任助手のピンチヒッターで今日は僕がブログを書かせてもらいます!

 緊急事態宣言が解除され、そろそろ学校に登校できる目処がある程度つくことになるのではないでしょうか。

もちろん、気を抜いたらいけない情勢は続きますが受験生の皆さんにとっては学校や塾で勉強をできる事になるのはやはり大きな事だと思います。

しかし、今後また第二波、第三波が来て、学校や塾に行けなくなることがあるかもしれません。

もちろん、このようなことはみんなの力で防がなければなりませんが、もし起こってしまった時でも受験生の皆さんは着実に力をつけなければなりません

そのために、僕も受験生時代使っていたり、今回調べたりして知った一日中、しっかりと勉強を続け、集中力を保つ方法を皆さんに紹介したいと思います!

もちろん人によって合う合わないがあると思いますが、参考にしてもらえたら幸いです!

 

 まず一つ目として、これは多くの人が日常的にやっていると思いますが、時々気分転換のリラックスを入れるという事です!

例えばゲーム、音楽鑑賞、熱唱、僕は動画鑑賞をよくしていたりしましたね!あとは運動して汗をかく、とかも良いと思います!(僕の高校時代の担任の先生が言っていたのですが、軽い運動をすると記憶力が向上する、という研究結果があるらしいですよ!)

 

しかしここで気をつけてほしいのがその後しっかり切り替えて勉強に取り組めなくなることはNGです!

例えばゲームを始めたらやめられなくなってしまう人はゲームはしない方がいいでしょうし、運動は疲れて勉強時間が減ってしまうことがあってはいけません。しっかりと時間を区切れて切り替えがすぐできる事にしましょう!

 

 二つ目は勉強に集中できる環境をしっかり作ることです!学校や塾で勉強することが一番の人が多いかもしれんせんが、それができない時は家の部屋や図書館、カフェなど、自分が使える場所で勉強しなければいけません。

その時に自分がしっかり集中できる場所を見つけましょう!

家で勉強する場合も集中を途切れさせるものを視界に入らない場所にしまうなど、出来ることは沢山あると思います。環境づくりをしっかりすることはおおきな効果を生みますよ!

 

 三つ目は一日のはじめや前日までに一日の計画を立てること、ですね。

計画を立てて自分の行動を縛ることで、勉強をしなければいけない!と言う使命感が強まり、なおかつ目的がはっきりするので効率的に勉強が進められると思います!

計画を立てるときに気を付けて欲しいことは現実的かつ、やりがいがある計画を立てることです。

絶対にクリアできない計画を立てても計画を達成できず、またやる気も出ないでしょうし、簡単すぎても達成感を味わえず、楽ではあっても楽しくはないでしょう。

適切な計画を立てる事がモチベーションを保つことにつながるでしょう!

今日は三つほどの一日中、しっかりと勉強を続け、集中力を保つ方法を紹介しました!しかし僕が調べたところ、もっと面白い方法がたくさんありました!

そこで残りの方法を明日!ひきつづき紹介したいと思います!(二日連続自分でごめんなさいm(.>_<.)m)

明日もよろしくお願いします!

 

 

2020年 5月 25日 ~大学の授業紹介 根津先生編~

皆さんこんにちは!!

佐藤担任助手よりも地味目な大学生活を送っております

担任助手の根津です!

 

昨日の佐藤先生の投稿では、大学生活の自由さについて

触れられていましたねえ。

非常に共感する部分が多かったです。

他にも、ブログでは大学に関する様々な投稿がされているので

是非チェックしてみてくださいね!!

 

さて、東京都に緊急事態宣言が出されてから1か月半ちょっと経ちました。

そろそろ家での勉強にも慣れてきたでしょうか?

僕は大学のオンライン授業にだいぶ慣れてきました。

僕の学科では、前期の授業は全てオンラインになることが

先日決まりました。

 

個人的には、大学の授業は実験や演習以外は、

オンライン授業でもいいんではないかと思い始めてきた

今日この頃です。

 

それと東進で授業を受けていた身としては、

1.5倍速機能がすごくほしいなと感じますね(笑)

 

 

と、い、う、こ、と、で

今日は大学の授業の話です!!

以前のテーマでは僕の大学について紹介しましたが、

今日は授業の話をしたいと思います。

 

まず改めて僕の通っている大学・学部の説明から

東京農工大学工学部情報工学科

というところです。

一般的に情報工学はよく言う「プログラミング」を習う学問である

と思われたりしますが、正確にはそうではありません。

情報工学科では主に、コンピュータに関する知識全般を学びます。

具体的に言えば、

コンピュータの機械そのもの(ハードウェア)、

コンピュータの中身、人間でいう脳の部分(ソフトウェア)

コンピュータ同士をつなげる通信技術

効率のいいアルゴリズム(問題解決法)

画像処理

などについて主に学んでいます。

 

プログラミングはあくまでこれらを学ぶ上での一つのツールのようなものであり、

プログラミングの仕方を主に学ぶというわけではありません。

 

というのが情報工学科の概要です。

では、今日はその中から1つだけ授業をピックアップして

紹介したいと思います。

今日僕が紹介したいのは、

画像工学・コンピュータビジョン

という授業です!!

皆さんコンピュータビジョンという言葉を聞いたことがありますか?

コンピュータビジョンとは

カメラで撮影した画像から、被写体となった対象世界がどうなっているのかを

明らかにする問題を取り扱う学問・研究領域

とされています。

このコンピュータビジョンが身近に応用されている例として、

例えば、スマホの写真アプリなどで、

画像に移っている人物を自動で振り分けてくれる

ピープル機能などは、コンピュータビジョンの技術が

用いられています。

他にも

はがきの郵便番号自動認識

衛星画像解析

顔認証システム

などなど、画像を使って何かをするという処理には

多くこの技術が使われています。

 

では、どのようにして画像の中で対象を区切る処理

(人や木や車などを画像から識別するなど)

を行っているのでしょうか。

そもそも、画像というのは、とても細かい画素と呼ばれるものの

集合であり、それら1つ1つの画素は、の3色の

それぞれが256段階の濃さで表されています。

画像の中身を解析するときにはこのデータを使います。

対象同士の間は色の変化が大きいと思われるので、画素間の

色のコントラストで境界を見つけたりします。

ここで、ただ色の変化の大きさのみを見ればいいというわけではありません・

画像にノイズがあったり、複雑な模様だったりした場合には、

画素間の色の変化を見るだけでは境界線を見つけるのは困難です。

そのため、ある程度の画素のまとまりを見て、それらを様々な方法で

平均化し、それらの値と他の部分の値とで

微分や二次微分したりすることで、

色の変化や、その変化の大きさなどを測定しながら

以下の図のように対象の区切りを

見つけていきます。

(左:元画像 右:フィルタにかけて主な境界線を識別したもの)

といったことを学んでいくのがコンピュータビジョンという授業です。

紹介したのはコンピュータビジョンのまだまだ一部ですが、まあざっくりいうと

こんな感じのことを学んでいます。

コンピュータビジョンの他にもまだまだ魅力的な授業はありますが、

それはまた機会があったら、お話ししたいと思います。

 

また最後に皆さんに伝えたいのは、

説明を見ていて分かったと思いますが、このような専門分野の勉強になればなるほど

数学やほかにも物理などといった科目の知識が必要になってきます。

ですので、高校の時の勉強、はたまた大学1,2年時の基本的な勉強内容が

これらの学問の土台となっています。

勉強しているときは、今学んでいることが何につながるかは分かりづらいかも

しれませんが、この知識がどのように使われるのかなどを意識すると

勉強に対するモチベみたいなものも上がってくると思います!

ですので、行きたい学部などが決まっている人は、

この勉強がやりたいものとどっかしら繋がりはしないか

などを探してみながら勉強すると楽しいかもしれません!!

 

ということで、ここら辺で僕の授業紹介は終わりたいと思います。

他の担任助手の授業紹介なども今後更新されていくと思うので

忘れずにチェックしてくださいね!!

 

さて、次回の更新は

あの名門早稲田大学の理工学部に通っている

渡辺大貴担任助手です

乞うご期待!!

2020年 5月 24日 ~大学の楽しさについて~

こんにちは!担任助手の佐藤です!

最近は涼しくて湿気が多くて、

梅雨の走りなのかな~って思ったりします。

梅雨は前髪が乱れるので嫌いです。

 

今日は、私が大学の魅力だと感じていることをご紹介します。

それは、とにかく自由!ということです。

大学では、全て自分で決めます。

 

たとえば、見た目が自由なところは中高とは大きく違いますね。

私服や髪色はなんでもOKだし、

体にいくつ穴をあけようが、なにも言われません。

授業一つをとっても、履修を組むところから全て自分でやるので

自分が受けたい授業だけ受けられるし

すきな先生を選ぶこともできます。

さらに空いた時間を何に使うかも自分の自由です。

めちゃめちゃ楽しいです。

でもそれだけ大学生は、大人としての行動を求められているんだなあと思います。

 

もちろん、高校生のうちにしかできないこともたくさんあって、

それがあるから大学も楽しいと思えるはずなので、

今の時間も大事にして、思いっきり楽しんでほしいです!

 

明日の投稿は、私よりも大学生活を謳歌しているであろう、根津担任助手です。

おたのしみに~

 

 

 

 

 

2020年 5月 23日 俺の授業シリーズ①

みなさんこんにちは!

担任助手の岩村拓朗です。

 

今日は新シリーズの初回です。

題して「俺の授業」

 

こちらは、

各担任助手が大学で履修している授業の中で、

楽しかったのもの印象に残ったものみんなに自慢したいもの

を紹介していくコーナーです。

 

大学の授業をイメージすることができるいい機会だと思います。

是非ご覧ください!

 

それでは僕が紹介する「俺の授業」ですが、

その前に、軽く自己紹介。

 

僕は

埼玉大学工学部建設工学科(現・環境社会デザイン学科)

に在学中の大学4年生です。

 

土木工学という学問を学んでいます。

道路・鉄道・上下水道など、

いわゆるインフラを整備するために必要な学問です。

 

ドボクというと

若干泥臭いイメージがあるかもしれませんが、

これを読んでいるあなたの生活も

必ずドボクに支えられています。

 

おや、生徒から質問があるようですね、

解答しましょう。

 

生徒A「おれは学校まで自転車で登校してるんだ。

鉄道もバスもつかわねえからドボクの恩恵は受けてねえよ!」

→残念。

あなたの自転車は浮遊するのですか?

道路をつかいますよね、道路の整備はドボクの仕事です。

 

生徒B「コロナの影響で外出自粛中です。

家の外に出ないのでインフラを利用することはありませんけど。」

→残念。

あなたは水道・電気が通らない家に住んでいるのですか?

例えば貴重な水道水をためておくためのダムは発電にも使われます。

ダム、水道管、発電所の整備もドボクの仕事です。

 

という感じで

ドボクの支えなしで生きていくことは

現代社会において不可能です。

 

災害があれば真っ先に被災地へ向かい、

復旧活動を行うのもドボクの技術者です。

 

 

↑富山県にある黒部ダム。スケールの大きさに感動しました。

 

最後にドボクの魅力を伝えたいと思います。

・スケールが大きい

・公共性が高いためやりがいを感じやすい

・縁の下の力持ちとして社会貢献できる

 

このブログを見て

ドボクに興味を感じた人は

是非志してみてください!!

 

本来であれば、

具体的な授業の紹介をするつもりだったのですが、

ドボクの魅力について語りすぎたので、

授業紹介はまた後日にしたいと思います。

 

「俺の授業」シリーズ、

初回から企画倒れしてしまい申しわけありません、、

 

「俺の授業」シリーズ、

今後も毎日ではありませんが、

何人かの担任助手が更新していきますので

お楽しみに~

 

明日の更新は

佐藤優梨担任助手です。

おたのしみに~~