ブログ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ 

2021年 4月 17日 【高1・2生対象】東進で定期テスト対策をしよう!【無料】

2021年 4月 17日 【予備校を探している高3生へ】最後の無料体験講習実施中

2021年 4月 17日 大学生活に向けて

みなさんこんにちは!

担任助手1年目の林龍之介です。

先週から私もとうとう大学デビューを果たしまして、高校との本当に様々な違いにはやくも驚かされっぱなしです。

 

ですが高校での経験が全く役に立たないかというとそうではなく、

むしろ皆さんが今まさに行っている受験勉強が、

大学に入って本当に役立つものなのだと実感しました。

 

それはなぜか。

 

というのも、コロナウィルスの拡大を防ぐためのオンライン授業

これが今大学の講義のほとんどを占めていて、私たちは自分で勉強する場を整えて講義を受け、

課題をこなさなければならなくなっています。

この自分で勉強する場を整えるというのは、まさに受験勉強の中で培われるスキルであるわけで、

逆に言うと受験勉強に真剣に取り組めないままなんとなく過ごしてしまうと、

大学でも苦しい思いをする・・・かもしれません(笑)

 

もちろん大学によって様々な講義形態があるでしょうし、理系文系のちがいもあるでしょうから断定はできません。

ですが、おそらくこのオンライン中心の講義形態は来年まで続きそうです。

 

受験勉強に本格的に取り組み始めた人もこの季節、多いと思います。

知識を詰め込むだけに思える勉強に意味を見いだせないこともあると思います。(自分も一時期そうでした。)

ですが、受験勉強で得た知識や経験は、こういったように思わぬところで活きるものです。

 

未来に輝く大学生活のためにも、今から勉強の習慣をつけていきましょう!

 

次は森口さんです。ぜひ見てください。            

2021年 4月 16日 ~ハングリー精神を忘れずに~

こんにちは田無校担任助手渡辺大翔です!

だんだん気温が暖かくなってきましたね!

そんな最近自分の応援しているサッカーチームのレアル・マドリードが好調で

気分は上々でっす!

 

最近試合を見ていると監督やりたいな~なんて思うことが

多々ありまして、自分ならこんな戦略で行くとか、

この選手をこう起用するなって考えるのが

めちゃめちゃ楽しいです!!

サッカー好きな人是非話しかけてください!

 

今日は自分が大学で勉強してることについて少し触れながら

受験に向けた意識向上について話したいと思います!

 

自分は大学では歴史について勉強をしています。

 

歴史と聞かれると、「将来に役に立つの?」って

思う生徒もいると思うのですが、

それが大有りなんですよ!

 

歴史研究には多くの分野があって、

歴史学や考古学、建築史、美術史、景観史などがあります。

歴史の勉強をすることは昔の人々がどのように暮らしてきたのか

どのような災害にあったのか知ることができます。

現在災害史というものが注目を浴びており

災害が起きやすい場所などを歴史をさかのぼり追求し、

現在のハザードマップや街づくりに生かしているそうです!

 

このように聞くといろいろと役に立ってると思いませんか?

歴史研究って終わりがないと思っています。

誰かが説を立てると誰かが反論する。

そうして新たな説が立つ。

とてもハングリー精神のすごい人たちが集まっていると思いませんか?

 

大学での勉強は高校とはくらべものにならないぐらい

奥が深くて楽しいです!

ちなみに最近一番感動したのは

言語論的転回」と「歴史」の関係です!

歴史はあくまで人が言語で表現したという考え方です。

例えば「鎌倉時代、元によって日本は攻められた(元寇)。でも実際は攻められてないんです。」

一見「何言ってんの?攻められたやん。」って思うかもしれませんが

あくまで我々が言葉で「攻めた」と表現してるだけで

歴史を作っているのはあくまで私たちの言葉という考え方です。

これ聞いて鳥肌立ちました…

 

みなさんは何のために勉強してますか?

自分は高校の時は日本史を大学で勉強するために

必死に勉強してました。

本当に学びたいことのために

今必死に勉強することはとても将来に役に立つことだと思います!

 

ギアを挙げてさらに頑張っていきましょう!!

 

次回は林さんです。

是非見てください!

 

2021年 4月 15日 ~夢・志とは~

みなさん、こんにちは

大学三年生になりました 秋元 です!

東進の担任助手をやって3年目

今年で21歳と考えると

時間の流れのはやさにゾッとします(笑)

他の担任助手の先生もだと思いますが、私も大学の授業が始まりました。

またあの、課題に追われる日がやってきました

今日は私が学校で将来のキャリアについて考える授業があるのですが、

そこから教わったことをもとに

「夢・志」

に関して簡単に書いていこうと思います。

受験生の方も、高1・高2生の方も

「夢・志・目標をもて!」

と色々な方から言われているのではないですか?

ただ、正直「そんなこと言われても、、、」と思う方もいらっしゃると思います。

皆さんは夢・目標を何か、

変わらない一貫したものだと思っていませんか?

正直、そんなこと全然ないと思います。

夢や目標は変わるものです。

やってみて違うなと感じることもあれば、

やってみてハマることもあります。

自分も大学に入る前に学びたいなと思っていた分野と実際に学んでみて

違う学問に興味が湧いたりしました。

夢もそうです。

最初はただ漠然と野球に携わる職業に就きたいと思っていましたが、

今はこの世にある素敵な食べ物・飲み物・サービスなど

あらゆるものを世の中に広めたり、

そういったものを生み出してみたいと言う思いに変わっていきました。

私がこういう風に考えを変えたきっかけは

授業で何事も「そもそも」という言葉をつけると

深く物事を考えることができると教わったからです。

そもそも私は何がしたいのか→野球に関わる仕事がしたい→そもそもなぜ野球?

→人々を笑顔にできるから=人を笑顔にできる職業に就きたい

といった感じで。

素敵で首尾一貫した目標を最初から持つ必要はありません。

夢や目標は変わるものです。

ですから、あまりかたく考えずに、肩の力を抜いて、

今の自分の正直な気持ちをなんとなく

夢や目標に設定してみてもいいのではないでしょうか?

そして、それを設定してみて時間があれば「そもそも」と考えてみてください。

今日のブログはここまでです!

明日の投稿は

田無校を常に引っ張ってくれている

渡辺大翔担任助手です!

お楽しみに!