ブログ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ 

2019年 7月 16日 ~夏休みの一日 窪田先生編~

こんにちは!

担任助手の窪田です!バナーが復活しました!

笑顔がさわやかですね!(引きつってる)

 

それでは連日通り、僕も夏の過ごし方(高3編)を書いていこうと思います。

いきなりですが、タイムスケジュール書きます!

7:00  

モニスタで発音アクセント勉強!(20分)

7:30 

英語の文法;参考書一日15ページくらいインプット

→センター大門別3つくらいでアウトプット(2時間半)

10:30

日本史のインプット;教科書読む、受講ノートの復習(2時間)

13:00 お昼休憩!

日本史のアウトプット;インプットした範囲を問題集で解く(1時間半)

15:00

古文単語覚える、漢文句形覚える等(1時間半)

17:00 

栄養補給タイム30分

17:30センター過去問演習;日本史以外(2時間半)

20:00

夜スタと漢字暗記

20:30

帰宅してご飯食べてお風呂入ってから

日本史再受講、、、

寝るの12時当たり

 

といった感じでしたね(なげーよ、、)

長くなってしまったので皆さんには一つ!

予定は最低限に、実行は最大限にということです!

僕の予定、かなりおおざっぱですよね?

でもやるべきことの大枠は捉えています。

プラスアルファで何ができるか、そこが重要です!

 

最後にお知らせです!

公開授業があと1日です!!!

まだ席があるので、参加したい人は下のリンクから

手続してください!

 

明日の更新は

かれこれ一か月会っていない(気がする)

浅野担任助手です!

 

 

 

 

 

2019年 7月 15日 ~夏休みの一日 佐久間先生編~

こんにちは!
担任助手の佐久間です。

「夏休みの一日」と題して各担任助手が先週から1人ずつ紹介していますが、
今日は僕の高校生時代の夏休みの使い方を紹介します。


ここずっと受験生向けのお話続きでしたので、

僕の夏休みの1日はあえて高校2年生の時の1日を紹介したいと思います。
高校2年生以下の皆さん、ぜひご参考ください。

今年大学4年生なので受験生時代がもう4年前で現役の時を振返るのが久しぶりな気がします(笑)


僕は新高校2年(正式には高1)の2月から東進に入り

当時は苦手科目だった数学の勉強をしていました。

 

まずは円グラフで簡単にとある一日の紹介をします。

僕は高校では普通のクラスではなく特進クラスに所属していたので

夏休みの前半・後半に合計2週間くらい

いろんな科目の講習があり受講していました。

 

そのため、通常期みたいに午前から午後まで学校にいることが多かったです
また講習がないときは部活に行くこともあり

夏休みの半分は学校に行っていました。

 

そして、学校が終わった後も毎回欠かさず東進に直行して

田無校で講座の受講なり学校の課題なりを進めていました。


家に帰ってしまうとどうしてもいろいろな誘惑に負けてしまい

堕落した生活をしてしまう性格だったので、

勉強しかできない環境に身を置くことが功を奏し、

東進の講座受講や学校の課題をスムーズに進めることができました。

また、講習や部活・予定がない日は、

朝から涼しい東進の校舎に行き1日中勉強することもあれば、

気になった大学のオープンキャンパスに行ったりなどしました。

 

こんな感じの高校2年生の佐久間くんでした。

夏休みにできるだけ東進に身を置いて勉強する習慣を心がけたことで

良かったなと思うことが1つあります。

それは、

その年度の受講が9月にはすべて終了し、

10月頃から次年度の講座を取得して、早い時期から受験対策の勉強に入れたことです。

 

早ければ早いほど基礎的な勉強を終えて受験対策に入れるかによって受験の視野を広げることにも繋がります。

高2生以下の皆さん、

最大限東進の校舎に通って勉強するかで、

受験生の良いスタートが切れるかどうかが決まるといっても過言ではないと思います。

部活動ややりたいことにも全力で楽しみつつ

勉強も今まで以上に頑張って良い夏休みを過ごしてみましょう!

 

あと一つ、田無校からのお知らせです。


来る7月17日(水)19時30分より、

東進数学科講師の河合正人先生による特別公開授業がここ田無校で開催されます。

内容は数学ⅠAの分野を勉強しますが今回は違います!

大学入試共通テストの数学ⅠAの対策とポイントをお話ししてくださいます。

これから受験本番まで、大学受験のプロから直接入試のお話を聞けるのは今回しかないと思います!
高2生以下の皆さん、絶対に参加することをおすすめします!

参加しなかったら大損です!


まだまだ空きがありますので、ふるってお申し込みください。

下のバナーからお申し込みできます!

明日の更新は

窪田担任助手です!

お楽しみに~

2019年 7月 14日 ~夏休みの一日 阿部先生編~

 

こんにちは!

 

担任助手の阿部です

 

そろそろみなさん学校の定期テストが終わってきたのではないでしょうか?

私は来週からテストが始まります。。。

私も皆さんに負けないように勉強頑張ります!

 

そして今回のテーマは夏休みの過ごし方についてですが、

私の高校(武蔵野北高校)では、高校三年生の文化祭でクラス全員で劇を作り上げるので

夏休みに練習がたくさんあり、ほかの受験生に比べて勉強時間を確保することが出来ませんでした。

そんな中でも、自分の志望校に合格できたので少しでも参考になれば嬉しいです!!

 

 

まず私の一日のスケジュールはこんな感じでした↓

 

7:00 東進に登校

    モニスタ 発アク 

    現代文(評論、小説を大問別演習で一題ずつ)

9:00 一旦東進を下校して学校に登校

    学校で劇の練習

13:30 東進に戻り昼食

    英語 長文(私立)、文法(大問別、文法書)

    古文(大問別一題、ゴロゴ単語帳)

    世界史(大問別、一問一答、学校でもらったプリント)

    ヨルスタ 英語長文(センター)    

20:30 下校

 

 

だいたいこんな感じでしたが、文化祭が近くなるにつれて劇の練習が増えたりして

八月後半はこれよりもっと忙しく、勉強時間も少なかったです。

 

なので私は周りの受験生の人に比べて勉強量は絶対劣ってしまうので、を重視しました。

 

 

まず私は夏休み前に受講を全て終わらていたので夏休みの勉強の計画を先に立てました。

 

夏休み前に得意な英語を固めて、自分に不足している部分を夏 休みに補う勉強にしました!

 

 

私はとにかく国語が苦手だったので、夏休みに苦手な国語つぶし世界史の暗記を集中的にやり、

だからといって、英語も勉強しなければ点数は落ちてしまうので、長文は最低でも一日一個かならず読むようにしていました!

 

モニスタとヨルスタも上手く活用していました

 

ちなみに過去問は英語だけ夏休みに解き始めました。

             

 

私みたいに文化祭の準備で忙しいという人はあまりいないかもしれませんが、一日中勉強できるからと言って

ダラダラ勉強してても意味はあまり無いです。

 

夏休みに入る前に自分の苦手なところや不足している部分を考えてそこからどのような勉強するか計画を立てるといいとおもいます!

 

そして、、、

高1・2生に朗報です!

7/17(水)に河合先生の数学特別公開授業があります

共通テストのお話もあるということなので、ぜひ足を運んでみてください!

 

明日の更新は佐久間担任助手です!

 

2019年 7月 13日 ~夏休みの一日 相良先生編~

こんにちは!

担任助手一年の相良です!!

10日ぶりですね(かなりハイペース。。。)

 

今回のテーマは「夏休みの一日」とういことで、

僕がどんな夏休みを過ごしていたのか、

またその反省を皆さんにお伝えしようと思います。

 

 

毎回話している気がしますが、高校では硬式野球部に入っていました

学校の夏休みは7月上旬から始まってたのですが

僕が勉強に使える夏休みは7月の終わりでした。

そこから勉強のギアを上げて、

なんとか第一志望校合格を果たすことができました。

 

 

去年の東進田無校は、朝7時開館、夜8時半閉館でした。

夏の大会が終わって勉強に集中する時間ができてからは、

開館登校 閉館下校を毎日続けていました。

何をしていたかというと、ひたすら受講です!!

 

1コマあたり90分の授業を

1日6コマ計540分を授業に費やしていました。

一時間目の授業を受ける前に、その日に受ける講座の予習を行い、

6コマ受け終わった後はテキストの問題の解きなおし、

閉館前に行われる夜スタ(英語の文法問題や長文読解の演習)に参加しました。

 

夏休み中のタイムスケジュールです↓

   7:00  登校

                        モニスタ(発音アクセント会)に参加

  7:30~8:00 授業の予習

8:00頃~12:30 3コマ受講

     ~13:00 昼食・休憩

     ~18:30 3コマ受講

        ~20:30 復習・夜スタ参加・下校

 

ほぼ一カ月このスケジュールで過ごしていました。

 

ですが、、、

この勉強法はお勧めしません!!!

 

予習復習はしていたとはいえ、

明らかに周囲と比べると量は少なかったです。

あと3時間くらいは予習復習に使いたかったのがホンネです。

 

8月下旬からはセンター試験の過去問を5年分解きました。

ここで活きるのが、いままでどれだけ復習をしてきたかということです。

アウトプットをするための演習問題・復習をどれだけやったかで、

模試や過去問での得点率は変わってきます。

 

 

ちなみに東進は、早期受講修了を推進しています。

やはり復習や演習を行う時間を増やすためです。

それだけ受験勉強においてアウトプットは重要だということです。

受験生は早めの基礎力完成を目指しましょう!!

 

高1・2生に朗報です!

7/17(水)に河合先生の数学特別公開授業があります

共通テストのお話もあるということなので、ぜひ足を運んでみてください!

 

 

次回の更新は阿部担任助手です!

お楽しみに!!

 

2019年 7月 12日 【7/12一次締め切り!】高1・2生夏期特別招待講習【最大20日分無料!】