ブログ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ 

2018年 8月 17日 ~日本の英語教育が変わる!?~

こんにちは

担任助手の船渡です

 

今更ですが僕は高校の頃

民族音楽部という部活に所属していたのですが

コンガとか叩く部活だとおもわれてるのがつらいです。

普通の軽音部です。

 

まあそれは関係ないんですが

日本の英語教育大きく変わろうとしているのを知っていますか?

 

センター試験が大学入学共通テストに代わり

もともと筆記200リスニング50だったところが

筆記とリスニングは同じ配分になります!

また、試験時間もリスニングは60分になるそうです。

 

英語って話す力が重要視されがちですけど

冷静に考えたら聞く力が一番重要だとおもいます

 

いくら話す力をつけても、相手の言葉が分からなければ

コミュニケーションが成立しないし

逆に聞く力さえ身に付ければ

話す力はなくても、海外メディアの情報を受け取ったりできます

映画や動画サイトなどエンターテイメントの

楽しみの幅も広がると思います。

ということで聞く力が重要視され始めたのは良い傾向だと思ってます

 

現高1生は大学入学共通テストを受けると思うので

いまから積極的にリスニングの練習をしておくことをお勧めします!

 

正直、筆記は短期間でもできるようになる人はいますが

リスニングはそう一朝一夕ではうまくいかないと思います。

高3からめちゃくちゃ努力しようと思っても厳しいです

 

何故かというと

一年そこらで英語が聞けるようになる方法が確立されていないから。

 

筆記に関しては配点も高いし

センターは20年以上前からあるので

高3から始めてもある程度取れるようになる方法論が

確立されていると思いますが

リスニングは英語全体の20%

正直おまけと思われていた側面もあると思います

今まで対策を考える側も重要視してきてません。

 

しかし、この度筆記とリスニングの配点が同じになり

受験生にとっての重要性はイーブンになってしまいました。

 

塾業界はリスニングに力を入れ始めるでしょうが

現高1生が三年になる頃に、こうすれば取れる!

という方法ができている環境になるとは思えません。

 

なので、早く始めましょう!

いまからやれば絶対にできるようになるというわけではないですが

言語の学び始めは早ければ早いほどいいと思います。

 

明日の更新はふつうに岩村担任助手です。

お楽しみに~

2018年 8月 16日 ~グローバル化?~

 

こんにちは! 

担任助手の長谷川です

8月も折り返し地点ですが、まだまだ暑い日が続きます

皆さんも暑さに負けないように!!

 

先日自分は広島の方面に用事があり、行って参りました

そこで感じたことがあります

広島は原爆ドームや厳島神社など日本を代表する観光名所があるのですが

そのような地には数多くの外国の方々がいます

自分の周りにはほとんど日本人がいなかったなんてこともあります

 

そのような状況下では、飛び交う言語も様々です

つまり、そのような人々を相手にする観光地の人々は最低限

英語を話して聞く能力が必要です

そうじゃないとコミュニケーションが取れませんから

 

よく我々は”グローバル化”という言葉を耳にます

しかし、自分たちが住んでいる地域だけにいては

なかなか実感できないというのが実情ではないでしょうか

そんな折、自分が今いる地域から出て、

異国もしくは異国の人々が集まる地域に行くとよりこの

”グローバル化”というものが身をもって体感できます

 

受験の話に戻ります

もちろん今現在英語の勉強をやっているのは受験のためかもしれません

今はそれが一番優先であり、良いと思います

しかし、英語という勉強はこの先必ず役に立ちます

 

”未来への自分への投資”

そんな風に考えるとこの先の勉強が進むかもしれませんね

 

明日の更新は船渡担任助手です

お楽しみに~

 

2018年 8月 15日 ~高1・2生対象 高速基礎マスター演習会~

 

どうも皆さんこんにちは、根津です!

 

予告では窪田担任助手の投稿だったのですが、急遽代打となりました。

窪田担任助手のブログを楽しみにしていた方々、申し訳ありません。(いないとは思いますが)

 

今日は高12生向けの高速基礎マスター演習会について宣伝しようと思います!

 

高1、2年生の皆さん、

高速基礎マスターのセンター1800は完全修得しているでしょうか?

 

まだセンター1800が終わってない生徒は、8月の29~31日にかけての

夏休み最後の3日間!高速基礎マスター演習会に強制参加です!!

 

「まだ低学年なのにそんなに焦る必要なくなーい?」

と思う生徒もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

 

大学受験を経験した人や、今の高3生にはわかると思いますが、

高3になって単語が完成していない場合、それが大きく足を引っ張ることになります。

 

 

高3になってから単語をはじようとすると、

それだけで英語の勉強進度は、単語を知っている人に比べて大きく遅れます

 

この影響は英語だけにとどまりません

 

受験における最重要科目である英語の完成が遅れるということは即ち、

他の教科の完成が遅れることにも繋がります。

 

つまり、破滅の道を歩むことになるんです!!

 

 

 

これは少々言い過ぎましたね(笑)

でも不利になることは間違いないです。

 

口酸っぱく単語単語言う意味が分かりましたね?

 

一番望ましいのは、高速基礎マスター演習会までにみんな完全修得していることです!

先取りして、単語を修得してしまいましょう!!

 

次回の更新は長谷川担任助手です!!

乞うご期待!!

 

2018年 8月 14日 ~過去問演習を大切に!~

こんにちは、

先週、日本で2番目に高い南アルプスの北岳(標高3,193m)に登頂して無事に帰ってきた、

担任助手の佐久間です。

 

ほぼ垂直に近い急斜面をロッククライミング状態で上り下りして谷底に落ちそうでビビりながらの登山でした(笑)

(今年か来年、ぜひ日本最高峰の富士山に挑みたいと思っています)

 

 

 

8月26日のセンター試験本番レベル模試まであと12日となりました。

 

皆さん、試験に向けて対策は順調に進んでいるでしょうか!?

 

受講がいっぱいで演習に時間を費やせていないという人もいるでしょう。

 

 

模試で目標とする点数を超えるためのカギは、

『過去問演習の実施量』にあります。

 

過去問演習は、問題形式に慣れること、

苦手な分野を知り弱点補強の勉強に繋げるために

取り組みます。

 

試験前に過去問を解かずに模試に挑む、

すなわち、

練習をしないでぶっつけ本番で試合をするようなこと

絶対にしてはいけません!

 

今受講で手一杯の人も、ぜひ時間を取って過去問演習に取り組んでみましょう!

 

 

また、過去問演習をやっていて得することがあります。

 

英語の文法や、数学、理科に多いですが、

以前解いた問題と似た問題が何回か後に出てくることがあります。

「この前できなかったやつが今回は解ける」と、

心の中でガッツポーズしたくなるほど

嬉しい気持ちになれます。

 

こんな感じで、モチベーションアップにもつながるので、

過去問演習を侮ってはいけません!

 

模試当日まで、たくさん過去問を解いて、目標とする得点を上回れるように皆さんの努力を期待しています!!

 

明日は、窪田担任助手が更新します!

お楽しみに~

2018年 8月 13日 ~新台入荷~

本日

 

 

東進ハイスクール田無校のパソコン

約40台

 

生まれ変わりました!!!

 

 

 

もっと勉強したいのにパソコンのラグに邪魔されていたあなた。

 

そんな日々は昨日まで。

 

(パソコンの設定をやりとげたMVP担任助手森川さんです。)

明日の投稿は佐久間さんです。

それでは。