~短期決戦~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2018年 12月 3日 ~短期決戦~

 

こんにちは!

最近、高校同期と会うことが多く感傷的な気持ちになっている

担任助手の川野輪です。

やっぱり昔を思い出すのはいいですよ。ほんとに。

全部楽しいことばっかりだったと錯覚してしまいます( ´∀` )

 

さて、徐々に本番が近づいています。

個人的な考えではあるんですけど、

受験は長期戦であり短期決戦でもあると思うんですよね。

長期戦である理由は、もちろん準備期間が長いからです。

話はそれますが、

田無校の生徒の大半は、部活が終わってから今に至るまで

継続して熱心に登校し勉強してくれました。

結果どうこう・実力どうこうより

まずは一つのことに真剣に向かい合えていることを

誇りに思ってほしいです。

 

そして、短期決戦だと思う理由は

 

準備期間のわりに、勝負の決着は1日とか2日で決まってしまうから。

 

受験は残酷ですよね。どう頑張ってきたとしても

たまたま当日不調だったら結果はでません。

「だから当日100%でむかえよう!」とか

そういうことが言いたいわけではありません。

80%でも受かればいいのです。

 

突然ですが、野球で例えてみましょう。

みなさんご存知(…?)CSでは、年間143試合によって決まった順位が

数試合でひっくり返されることがよくあります。

今年も、ペナントレースで優勝した西武が

CSでソフトバンクにあっさり負けて敗退してしまいました。

このような逆転現象に対して賛否はあると思いますが、

やはり、逆転したソフトバンクには勝つための工夫があったと思います。

普段より早めに不調な選手を交代したり、一人の主力選手を徹底的にマークしたり。

 

受験でも同じだと思います。

どうしてもできないのなら、くやんでも仕方ないです。

他で得点しましょう。

どうしても取りたい分野があるのならそこを重点的にやりましょう。

(僕の場合、複素数と微積と英作文でした。)

 

誰しも自分の実力に不安を抱えていると思いますが、

できないのは実力がないからではありません。

時の運だと思いましょう。

試験中は自分の実力になさに失望するのはやめましょう。

別の問題を完璧にしましょう。

そして、時間をかけるところにはかけましょう。そういう作戦を立てるべきです。

もっと胸を張って、これからの時期を過ごしてほしいと思います。

 

明日の更新は、最近レア度低めの弘山担任助手です!

おたのしみにー!