~オススメの講座紹介⑨~ | 東進ハイスクール 田無校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 7月 16日 ~オススメの講座紹介⑨~

みなさんこんにちは!お久しぶりです!

担任助手4年の相良です!

 

しばらく教育実習教員採用試験の勉強で校舎にいられる時間が短くなってしまい、

ブログも更新担当に指名されなかったので、少なくとも1ヶ月は書いていないんじゃないかなと思います。

昨日の人、何書いてるのかな~?と思って田島くんのブログをみたり、その前の人、更にその前の人、、、

あれ?テーマ決まってるの?

少し前のフリートークってもうやってないのか?

と空白の1ヶ月を思い返しながら、担任助手のブログを読み返しつつ、

オススメ講座考えてきました!!

 

ズバリ!!

橋詰健作先生の「スタンダード化学」です!

何と言ってもこの講座の特徴は、①理論化学理論・無機化学有機化学の3つの分類で構成されていて、コマ数は60コマ(3講座分)!!

…1講座=20コマ)

 

ほかの化学の講座には

岸先生のスタンダード化学

樹葉先生の難関化学

鎌田先生のハイレベル化学がありますが、

前者2つは40コマ(2講座分)、ハイ化は60コマ(3講座分)となっており、

橋詰先生の授業は同じレベルのスタンダード化学でも講座数が多い講座になっています。

 

講座数多いと受講全部やりきるのに時間掛かっちゃう・・・

講座数多いからお金も多くかかっちゃう・・・

 

もちろんそういう心配をしてしまう気持ちも分かります。

ただ、理論で20コマ、無機で20コマ、有機で20コマが用意されていることで、内容の充実度は難関化学やハイ化に匹敵するものです。

授業のテキストを見返したり復習をし、テキストの中にある問題を何周もすると、共通テストレベルはまず問題なく解けるようになります。

私立一般や国公立二次の問題もある程度の問題は自力で解けるようになるし、問題が難しくても解説を読んだ時にテキストにほとんど書いてあるので復習にも困りません。

 

言ってしまえば、この講座のテキストだけで共通テストはかなりクリアできる確率がアップします!!

 

復習や問題集を解くことももちろん必要になる大学もありますが、この講座は十分大学受験で通用するし、それだけの価値があると思って、自分は受験生時代に勉強していました。

 

 

 

田無校のブログではしばらくオススメの講座紹介をやっているみたいなので、過去のブログなども遡って、講座を迷っている人は参考にしてもらえればなと思います!

 

久しぶりのブログ更新でかなり熱く語ってしまいましたが、これで今日の更新は以上にしたいと思います。

読んでいただきありがとうございました!

 

明日の更新は、東京農工大の星、三澤担任助手です!

お楽しみに!!