~国公立受験者必見!この時期の勉強どうすればよいか問題~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2018年 12月 14日 ~国公立受験者必見!この時期の勉強どうすればよいか問題~

 

こんにちは!

最近各投稿の下のバナーでの写真登場が多いような気がする、

担任助手の佐久間です。

 

そんなことは置いておき(笑)

 

本日の話題に入ります。

 

来たる12月16日受験生にとって、

本番前最後センター試験本番レベル模試ですね!

 

2カ月ごとに受けて来て、これまで順調に成績が伸びてきている人、

そうではなく思うように伸びてこなかった人にとっても、

泣いても笑っても

最後の模試となります!

 

あと2日間、自分で納得できる対策をしっかり行い、模試に挑みましょう!

 

 

今日の話題は、この時期、センター試験本番までの勉強計画についてを紹介したいと思います。

 

国公立受験を目指している方向けになってしまいますが、センター試験の勉強もしっかりしなくてはいけませんよね。

この時期、二次試験対策の勉強と並行して、センターの対策も少しずつ行う必要があります。

 

二次試験対策は、受講もあれば、答案練習講座、過去問演習など、やるべきことがたくさん…

時間も限られている中、センター試験の勉強も日々のスケジュールに取り入れる必要が…

 

普段、受験生の皆さんにアドバイスなど、

コンタクトをとることが少ない私佐久間から、

この時期の勉強を1つ紹介させて頂きます。

 

あくまで紹介なので、皆さんにとっては合う合わないがあると思います。

ぜひ参考程度にお願いします(笑)

 

 

僕も、受験生当時、国公立受験を目指して勉強していました。

 

そのため、この時期、上記のような状況でした(笑)

センターもばっちり対策出来ているとは言えないし、二次の勉強もやらなきゃだし…

 

そんな中、考えた勉強法がこちらです。(担任助手の先生とも相談して決めていました)

 

これまで成績も順調に上がってきて自信がある科目は週に2,3回くらい、

ほんのちょっと大問別演習をするくらいで、

自信が無い科目は、毎日予定を立てて決めた大問1つか2つを解くようにしていました

 

英語は、今日は大問4、明日は大問6……などなど

数学は、今日はベクトルと数列、明日は微積分……などなど

理科の物理は、今日は電磁気、明日は熱力学……などなど

 

例えばこんな感じで、1日に1~2時間くらいでしたが、

センター試験の自信がまだついていなかった科目を毎日やっていて、

後の時間は二次試験対策の勉強という感じでした。

 

こんな感じで毎日勉強していると、とある良い現象も起きました。

 

数学、理科によくあることなんですが、

同じジャンルの演習をしていると、いつか過去にやった似たような問題が出てくる現象です。

 

前は間違ってしまっていた問題も、しっかり復習していれば解き方も頭に残っているので、

類似問題ではちゃんと正解できちゃうんです!

 

以前出来なかった問題と似た問題に正解できたことで、モチベーションが上がりますよね(笑)

このようなちょっとした良いこともついて来て、勉強にも良い風が吹いてきます!

 

そして迎えたセンター試験本番、

12月のセンター試験本番レベル模試で爆死していた科目が

およそ30点も伸びていたのです。

実際、本番でも、センター大問別演習で解いたことあるような問題がいくらか出題されていました。

 

こんな感じで勉強していた甲斐あってかの結果ともいえるのかなと思いました。

 

以上が、僕なりのこの時期の勉強の紹介でした。

詳しく聞きたい方は、是非佐久間を校舎で捕まえてください(笑)

 

皆さんも、是非参考にしていただき、自分に合った勉強を模索してみましょう!

 

長々となりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

明日の更新は、浅井担任助手です。

お楽しみに!

 

 

過去の記事