~夏休みの一日 相良先生編~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2019年 7月 13日 ~夏休みの一日 相良先生編~

こんにちは!

担任助手一年の相良です!!

10日ぶりですね(かなりハイペース。。。)

 

今回のテーマは「夏休みの一日」とういことで、

僕がどんな夏休みを過ごしていたのか、

またその反省を皆さんにお伝えしようと思います。

 

 

毎回話している気がしますが、高校では硬式野球部に入っていました

学校の夏休みは7月上旬から始まってたのですが

僕が勉強に使える夏休みは7月の終わりでした。

そこから勉強のギアを上げて、

なんとか第一志望校合格を果たすことができました。

 

 

去年の東進田無校は、朝7時開館、夜8時半閉館でした。

夏の大会が終わって勉強に集中する時間ができてからは、

開館登校 閉館下校を毎日続けていました。

何をしていたかというと、ひたすら受講です!!

 

1コマあたり90分の授業を

1日6コマ計540分を授業に費やしていました。

一時間目の授業を受ける前に、その日に受ける講座の予習を行い、

6コマ受け終わった後はテキストの問題の解きなおし、

閉館前に行われる夜スタ(英語の文法問題や長文読解の演習)に参加しました。

 

夏休み中のタイムスケジュールです↓

   7:00  登校

                        モニスタ(発音アクセント会)に参加

  7:30~8:00 授業の予習

8:00頃~12:30 3コマ受講

     ~13:00 昼食・休憩

     ~18:30 3コマ受講

        ~20:30 復習・夜スタ参加・下校

 

ほぼ一カ月このスケジュールで過ごしていました。

 

ですが、、、

この勉強法はお勧めしません!!!

 

予習復習はしていたとはいえ、

明らかに周囲と比べると量は少なかったです。

あと3時間くらいは予習復習に使いたかったのがホンネです。

 

8月下旬からはセンター試験の過去問を5年分解きました。

ここで活きるのが、いままでどれだけ復習をしてきたかということです。

アウトプットをするための演習問題・復習をどれだけやったかで、

模試や過去問での得点率は変わってきます。

 

 

ちなみに東進は、早期受講修了を推進しています。

やはり復習や演習を行う時間を増やすためです。

それだけ受験勉強においてアウトプットは重要だということです。

受験生は早めの基礎力完成を目指しましょう!!

 

高1・2生に朗報です!

7/17(水)に河合先生の数学特別公開授業があります

共通テストのお話もあるということなので、ぜひ足を運んでみてください!

 

 

次回の更新は阿部担任助手です!

お楽しみに!!