~夏休みの一日 秋元先生編~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2019年 7月 9日 ~夏休みの一日 秋元先生編~

みなさん こんにちは!

一年の秋元です

高校生の皆さんはそろそろ夏休みですね!

三年生受験の勝負の分かれ目

一・二年生は先輩方が引退されて、

部活の主役になっていく時期だと思います。

自分は同じ校舎の相良担任助手と

同じく野球部だったので

引退は7月中旬、

周りの友達はほとんどがもうバリバリ受験モードで

本当に焦っていたのをよく覚えています。

というわけで、

今回は夏休みの一日というテーマで

各担任助手の方々が

それぞれ受験生時代、

どんな夏休みを送っていたのかを紹介してくれます。

早速、本題に入りますが、

先程もいったように自分は周りより引退が遅かったので

人一倍の勉強量、

勉強時間を確保してこなすということを意識しました。

なので

毎日開館登校、閉館下校

勉強時間を最大化できるようにしました。

よく勉強は量より質といわれますが、

それはある程度点数が取れるようになってからだ

と自分は思っていたので、

とりあえず東進にきて勉強する!

だけ考えてましたね(笑)

そんな自分の夏休みのスケジュールは

開館登校してまず10分、時間を計って高速の単語を復習、

大問別の長文を一問

そこから各教科自分で立てたスケジュールをもとに、

まずは分野別(英語の文法、日本史の中世など)で小さな範囲から

だんだんと大きくして(センター過去問を一年分など)大きな範囲へと

幅をきかせて勉強していました。

まずは一日の計画立てを綿密にすること

それができた人は

あとは勉強時間をどれだけ

確保することができるかだと思います。

自分の友達では、

夏休み中午前中は起きれなくてほとんど勉強できなかくて失敗した

といっていた人もいました。

受験の勝負の分岐点はこの夏休みです!

 開館登校して朝から勉強する習慣をつけて

周りの受験生との

差を一気に広げちゃいましょう!!

最後に告知ですが、

田無校で行われる河合先生の公開授業まで、

あと9日となりました。

来年度からはセンター試験が廃止され

共通テストへと入試が変わり

そこに不安を感じている生徒がほとんであると思います。

そんな不安を解消するためにも、

河合先生の生授業を是非体験しに来てください!

明日の更新はどうやらサークルで大活躍中らしい

鰐田担任助手です!

素敵なブログ期待しています!