~頭を空っぽに~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2019年 1月 26日 ~頭を空っぽに~

こんにちは、担任助手の浅井です。

センター試験から一週間経ちましたね。

あと一か月もすれば、後期日程を除いて、入試は終わってしまいます。

 

少し自分の話をします

センター試験を受けたのは三年前で

自己採点の結果が悲惨的で

ショックだったのを覚えています。

志望している大学に合格するのだろうか

実力が足りてないのではないか

ということをセンター試験を受け終わった日に考えてました。

 

この時にやっていたことで

今から考えるとよかったとおもうことがあって

それが

頭を空っぽにすることです

空っぽにするということは忘れることだったり、多くの情報を入れないようにすることをしてました。

 

忘れることに関して言えば

センターの結果であったり

暗記科目の内容を全て忘れることを意識してました。

同じ忘れるということであっても

目的は異なってきます。

前者は気持ちを切り替えるため

後者は最後の追い込みのためです。

 

普通最後の追い込みと言えば

今まで覚えたことを完璧にしていくことだと思いますが

ジャンプをするときに沈んでから飛んだほうが高く飛べる事と同じように

勉強においても一度すべてを忘れて思い出すということをした方が効果的だと思います。

頭が白紙の中からいかに思い出せるか

この思い出すという行為が本番の入試において、成否を分けると思います

 

多くの情報を入れないということに関しては

自分が受験する大学の倍率は見ないようにしたり

誰々がどこの大学をうけるといって様なことはきにしないようにしていました。

なぜかというと、こういう情報って自分に関係ないし、

たとえ知ったとしてもプラスになるわけでもないしむしろマイナスになるのかなと。

倍率が低い高いを知ったところで、

合否を決めるのは自分ができた、できないの二択だと考えています

なので、残りの期間は情報に惑わされずに自分の実力を高めていきましょう

 

明日の更新は

石山担任助手です。