~窪田の日本史~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2018年 10月 16日 ~窪田の日本史~

こんにちは!

最近忙しい平林担任助手の頼れる代打

足首の負傷によりサークルをさぼっていて暇な、

でも昨日の4年生の卒業アルバムの写真撮影には

しれ~っと写ってきた

担任助手の窪田です!

 

 

.  .  .そんな事はさておき、夏休みの終わり頃からよく

「日本史伸ばし方が分かりません!」という質問を

受付でされます。

 

そこで、今日はその時に紹介しがちな

僕流の日本史の勉強の仕方を紹介したいと思います!

高1、2年生の皆さんもチラッと目を通してください笑

 

スタンダード日本史という講座を受講し終えた僕が

(大半の人が受講する・したと思います。)

日本史の勉強で何よりも重視していたのが、時代の流れです。

流れだけは毎日のように復習していました。

 

この時に「教科書を読めば流れがつかめる」

と先生や友達に言われましたが、

教科書って400ページくらいあって死んじゃう~と思った僕は

講座でとったノートを毎日ページや時代に区切って裏紙に書き写していました。

あの講座でとったノートって、時系列ごとに物事が整理されていて

流れをつかむのにめっちゃお勧めです!

 

そこで分からなくなったことを教科書でカバーする位の感覚で

教科書は使っていました。

 

次に、ノートで区切りのいいところまで覚えたら

一問一答で演習するといった形で勉強していました。

 

一問一答丸暗記すれば満点とれるやろ!

と意気込んでいる時期もありましたが、

きちんと流れを掴んでからやらないと意味ないし、

効率もめちゃくちゃ悪く、時間がもったいないです!!

と、ノート暗記法を10月頃に発見してから気づきました。

 

十月ごろからでも、夏に教科書等を読み込んでいた人なら

全然センター試験までに実力をつけるのに間に合います!!

 

まとめると、

①時代の流れを掴む(インプット)

からの

②一問一答等で演習(アウトプット)

 

をやれば実力は付きます!

 

不安が募る時期ですが、めげずに頑張りましょう!

応援しています!!!

 

珍しく長々と書いてしまいましたが、

明日の更新は

キャンパスは違えども同じく立教大学生

石山担任助手です!

お楽しみに~

最新記事一覧

過去の記事