~色ペンを効果的に~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2018年 10月 3日 ~色ペンを効果的に~

 

全国統一高校生テストまであと26日

 

こんにちは 

担任助手の石山です

昨日は弘山担任助手が青ペン勉強法についてかたってくれましたね

私も、今でも受験生の時、重要なところは青ペンを使ってノートを取っていました!

 

今日のブログはペンに関連で行きたいと思います

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

『私が学生時代(とくに中学時代)に、

周りのクラスメイトを見ていて気づいた一つの法則があるのですが、

 

その法則というのは

勉強で使う色ペンがバラエティに富んでいるほど、成績が良くない

というものです。

読者さんで該当者がいたらすいません。

 

もう少し具体的に言うと、4~5本くらいのペンを使って色分けしている人は

まだギリギリセーフという感じですが、

 

それを越えて6本、7本、さらにそれ以上となってくると、

かなりの確率であとは本数に比例して成績が下がっていく感じでした。

事実なので言いますが、女の子に多かったです<(_ _)>

 

もちろん例外もあるでしょうが、往々にして、

やたらとたくさんの色ペンを使っている人は成績がイマイチで、

 

逆に成績抜群の人で色ペンがやたらバラエティに富んでいた人というのは、

ほとんど出会った記憶がありません。

 

なぜそうなるかというと、理由は簡単で、

本来勉強においてそんなにバラエティに富んだ色ペンなど必要ないからです。

にもかかわらず

 

たくさん使っているということは、勉強の本質をハズしている可能性が高いのです。

 

つまり、脳に効率よくインプットするために色ペンを使い分けているのではなく、

 

「色ペンをたくさん使いたいから、使っているだけ」である可能性が高いわけです。

 

言ってしまえば「ノートや教科書がとてもで、見た感じが楽しいヾ(´▽`)ノ」

というただそれだけのことでペンを多用するようなことを

、学習効率を常に考えている人はしない場合が多いのです。

 

これでは本末転倒ですから、ペンで色分けをするのであれば、

その意味をよくよく考えて使うべきだと思います。

 

どういう基準で色分けするか、そのルールは人それぞれだと思いますが、

いずれにしろ使い分ける色の種類は、3~4色もあれば十分のはずです。

 

これが5本以上になっている場合は、本数を減らせないか一度検討してみたほうがいいかと思います。

 

色分けというのは、あくまで効率よく頭にインプットするための手段」ですから、

 

バリエーションをやたら豊富にして、それを楽しむこと自体が「目的」になっては意味がないですからね。

(その方法が自分の中で確立していて、結果も出ているのであれば別ですが)

 

色分けをするコツは、

 

1、色ごとのルールを明確に決める
2、色の種類を必要最低限におさえる

 

この2つですね。かなり勉強の生産性に関わってくる部分ですので、

あまりフィーリングで色分けするのはおススメできません。

 

自分にとって都合のいい形でかまいませんので、

しっかりしたルール」のもと、「必要最低限の種類」で色分けしておくことをおススメします。』

勉強の効率をアップさせる色ペンの使い方

出展:「早稲田集中力研究会 公式サイト より」

 

 

 

高校生の時、頭のよかった友達に、

ケースの中のペンが多すぎるから、

捨ててしまえ!と言われた経験がありました。

成績優秀の人ってなぜか筆箱がすっきりしていたんですよね・・・^^;

 

ということで色ペンにまつわるお話でした!

明日の投稿は佐久間担任助手です

お楽しみに~!!!

 

最新記事一覧

過去の記事