~出願期限に気をつけろ~ | 東進ハイスクール 田無校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 11月 11日 ~出願期限に気をつけろ~

ブログの担当が自分であったことを

閉館30分前に気づいて動揺している担任助手の阿部です。

前回のブログで三澤担任助手に

「明日の担当は昨日徹夜したのに今日も徹夜しようとしている阿部担任助手です。」

と書かれてしまいましたが、実際は21時くらいに寝てしまい、

朝の4時過ぎに起床しました。

課題が終わっていない時はいつもは終わらせてから

安心して寝たいのですが、今日は体力の限界を迎えばっちり睡眠して、

頭もすっきり、集中して課題に取り組み、

提出期限の5秒前にしっかり提出出来ました!(笑)

みなさんは提出期限をしっかり守れていますか?

受験は勉強も大事ですが、願書を期限内に提出しなければ何も始まりません。

ここで皆さんへの注意喚起として、

僕が受験生時代に実際に犯した失態について紹介しようと思います!

まず、東京大学願書出願ギリギリ事件です。

僕は東大を目指して狂ったように勉強をしていましたが、

肝心の願書出願期限は2月4日が期限でした。

そして願書提出に気がついたのが確か2月1日でした。

願書はネットで取り寄せることが出来るので

基本ネットで取り寄せるかと思いますが、

僕は願書の到着を待っていては間に合わないため、

直接学校に出向いて願書を取りに行きました。

今でもこの時の気持ちははっきり覚えていて、

努力してきたのに、受験もできずに終わってしまうのか…

と自分を恨みました。

自分は勉強だけしてればいいから、

願書とか、勉強以外のことは親に任せきりでいいや!

と思っていました。

しかし、もしそんなことで、

他人に任せきりにしていて出願に失敗し、

受験すらできずに受験を終えるという

結果になってもおかしくありません。

実際に僕はその危険性があったわけです。

ちなみに事件はこれだけでなく、

東大の二次試験で顔写真を受験法に貼り忘れ、

国語の試験後トイレに行こうと思っていたところ、

顔写真を貼り忘れている人や、共通テストの受験票を忘れている人

などが呼び出され、見せ物のように大学構内を整列して歩き、

長蛇の列に1時間並び当日に写真を撮りました。

本番の貴重な昼休みをそのようにして

無駄にしてしまった事はかなり後悔しています。

皆さんも模試に受験票を持って行き忘れてしまったり、

腕時計を忘れてしまったり、筆箱を忘れてしまった

経験があるのではないでしょうか?

ちなみに僕は全部経験済みです。

こんなずぼらエピソード満載な僕から言わせて頂くと、

「自分の出願にはしっかり自分で責任を持って、

余裕を持って取り組みましょう!」

明日は鶴田担任助手です。