~荒井も雑談~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2019年 8月 19日 ~荒井も雑談~

 

 

こんにちは!お久しぶりです!

東進ハイスクール田無校担任助手の荒井です!

所属しているサッカーサークルの試合の応援に行ったら

真っ黒に日焼けしてしましました(;;)

 

 

さて、8月のセンター試験本番レベル模試まで1週間を切りましたね!

 

受験生のみなさん

この模試でセンター試験当日と同じ点数を取れるだけの勉強をしている自信はありますか?

高校1,2年生のみなさん!

この夏の勉強量は最大ですか?また、この模試で夏の成果を発揮できそうですか?

 

 

私が受験生のときも、8月のセンター模試に重きを置いていました!

9月からは二次の対策に移りたかったし、夏休み中にひたすらセンター過去問をやっていたので

この夏でセンター完成!結果を出したかったからです。

だから、みなさんにも残りの6日で点数を最大限伸ばしきるための勉強をしてほしいです。

(どのような手段で、かは人によりけりですが…)

 

夏の頑張りを、まず点数で出す。

そのためのインプットなりアウトプットなりを続けてください!

なんだか私も緊張してきました。。。笑

 

 

ここ2年間受験生を見てきて、感じることがあります。

それは、「不安を感じれば感じるほどいろいろな勉強方法を試したくなる」ということです。

その傾向は模試後によく見られます。

 

思うように点数が伸びなかったとき、

「今までの参考書じゃダメだったのかな…?新しい参考書買おう!」と思ったり

「点数の良かったライバルがこの単語帳使ってたから私も買ってみよう!」と思ったり。

不安や焦りがあると、今までのルーティンをいとも簡単に変えてしまう人が多いです。

ですが、最低でも夏休み中につくりあげて 一か月以上も続けられた勉強方法は

きっと自分自身に合っているはずだし、一時の感情で左右されないでほしいなと

荒井個人的には思っています。

 

 

半年ほど前に観た某映画で出てきたフレーズに

「選ぶことは捨てること(ニュアンスというものがあります。

選択肢がたくさんある中で、「自分に合ったものを選ぶ」ということは

言い換えれば「自分に合わないものを捨てる」ということです。

 

効率の良い学習をして、最短距離で志望校に合格するためには

そこの取捨選択が重要になってくるのではないでしょうか?

きっと夏休みが明けたら文化祭や体育祭などイベントがある学校も多いと思います。

そのような中で、今自分にとってなにが必要なのか

常に優先順位をつけながら生活できるみなさんであってほしいと思いますし、

それがわからなくなったときにはぜひ受付にいる担任助手に声をかけてみてください。

ちょうど五か月後の今日にはセンター試験二日目が終わっています。

その時の自分がどうありたいかを考えて、とりあえずは残りの夏休み頑張りましょう!^^

 

(カウントダウンwith川野輪担任助手)

次回の更新は福士担任助手です!おたのしみに~♩