~模試に対する姿勢~ | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ

2018年 9月 3日 ~模試に対する姿勢~

こんにちは!担任助手の川野輪です!

昨日のブログで「川野」と書かれ傷ついています。。。

そもそも、人の名前を間違えるような人間に

ろくなやついないと思うんですよね。

…これ以上、この話をするのは控えましょう(笑)

 

さて、9月は模試を受ける機会が多いと思います。

そして、そのほとんどが学校申し込みで

「受けたくないなあ」なんて人も多いんじゃないでしょうか?

実際、僕も去年は9月に2つも模試を受けさせられました。。。

苦痛でした。。。。

今日は、そんな模試に対する姿勢について書きたいと思います!

 

そもそも模試はなんのために受けるのでしょうか。

それは、、、

「模試がなければ気づけなかった自分の弱点に気づくため」

だと僕は思います。

つまり、

「どうせできるから」といってテキトーにこなして

低い点数を取って言い訳する

というのはよくない姿勢です。

逆に、

「どうせできないから」といって

難しい問題をさらっと見るだけにとどめるのは

僕は正しい姿勢だと思います。

「自分でできない」=「弱点である」

ことがわかってるわけですから。

 

模試でいい点数を取りたいと思うのではなく、

「自分ができないものを探そう」

「本番での自分の点数を一点でもあげよう」

という姿勢で模試に臨んでほしいと思います!

 

明日の更新は、平林担任助手です!

お楽しみに~~~♪