9月 | 2018 | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ 2018年09月の記事一覧

2018年 9月 30日 ~合格設計図~

こんにちは!担任助手の柳園です!

最近寒くなってきて、今一番欲しいものはマフラーです(笑)

みなさんも寒いときは、防寒をしっかりして

体を冷やさないように気を付けてください

合格指導面談が始まりました!

すでに終わった人もいると思いますが、

合格指導面談では、合格設計図の中間チェックや立て直し、

全国統一テストの目標点設定、高速や修判が終わってない人は、

いつまでに終わらせるか等を決めたりします。

期限を決めていくため、

自分がいつまでに何を終わらせないといけないか

を明確にできると思います。

高速が英文法まで終わっていなかったり、

修判を受けないままにしているものがある人は、

優先して終わらすことが大切だと思います。

英語に伸び悩んでいて高速に手つけていない人は、

高速をどんどん進めて高速を完修させちゃいましょう!

修判もその講座で学んだことの復習にもなるので

早めに受けて終わらせましょう!!

明日の投稿は福屋担任助手です!お楽しみに!

2018年 9月 29日 ~イベントに参加しよう!~

こんにちは。関根です。

明後日は台風らしいので飛ばされないように気を付けてください。

さて今日はイベントについて話そうと思います。

みなさんは東進の主催するイベントには参加したことがありますか?

僕はトップリーダーと学ぶワークショップと言うのに窪田担任助手と参加しました。

自分とは違うタイプの人たちと話し合うことが出来ていい経験になりました。

他にも東進では今日サイエンスセミナーであったりと様々なイベントが開催されています。

推薦入試などで面接がある人はその時にこの経験が役に立つ事があると思うので自分を高めるという意味でも外部のイベントごとには積極的に参加してみましょう!

明日の投稿は柳園担任助手です。お楽しみに!!

 

 

 

 

2018年 9月 28日 

こんにちは! 

久しぶりの登場になります

担任助手の長谷川です

恐らく一か月ぶりくらいですね

 

その間自分はタイや北海道に行って参りました

やはり普段の生活圏ではない場所に行くということは

様々なギャップを感じます

それが日本を出て海外だとなおさらです

 

さて本日は9月の28日ということで

9月も今日含めて残りもわずかです

2学期に入り、文化祭や体育祭も終わり、

やっと一息というところでしょうか

 

そこで二学期の初めを思い出してみて下さい

その時に今後の学習計画を立てた人も多いでしょう

 

「きちんと守れていますか?」

 

もちろん 計画通り perfect

という人もいるでしょう

 

一方・・・ここまで言えばわかりますね

 

ここで肝要なのは、守れなかったから落ち込む

ことではなく

原因を分析し、新たな学習計画を作ること

です

 

何となく当てはまるなぁと感じ人は

これを機に今後の学習計画を再考してみてくださいね

 

明日の更新は関根担任助手です

お楽しみ~

 

 

 

 

 

2018年 9月 27日 ~英米文学の荒井~

 

こんにちは!

最近歩いていたら

いたるところから大好きな金木犀の香りがしてきて

すっかり秋だなあと感じています。

担任助手の荒井です。

 

 

もう秋だということで(?)センター試験まではあと115日、

国立の前期二次試験当日まで約150日!

高校2年生は+365日足してみてください。

 

私が受験生の頃、

担任助手の先生が「残り100日からは本当にあっという間だったよ~」

とおっしゃっていましたが、

受験を終えた今振り返ってみると残り100日は本当に

風のように過ぎ去っていった

っていうのが正直な感想です。

みなさんも悔いの残らないように残りの日々を過ごしてください^^

 

 

 

 

今日の本題に移ります!

前回までの投稿に乗っかって私が大学で学んでいることについて書きたいと思います。

私は大学で英米文学を専攻しています。

「英米文学ってなに!?本ばっかり読んでるの??」

と思う人が大半だと思いますが、

実はそうでもないです。というより自分の選択次第でした。

たしかに本を読む量も時間も増えましたが、

アメリカやイギリスの文学に関する授業をとればthe英米文学を学べます。

私は詩や文学を学ぶというよりも英語の構造について深く知りたかったので

英語史・英語音声学・英語学を楽しんで学んでいます!

(他にはイギリスの文学や文化も勉強しています)

 

また、Integrated Englishという英米文学科特有の、

スピーキング・ライティング・リスニング・リーディングのいわゆる4技能を鍛えるプログラムがあります。

それぞれネイティブの先生が担当してくださり、授業はすべて英語で行われますし、

毎週essayやreport、プレゼンの準備に追われる毎日です。

帰国子女やハーフの人たちに囲まれて、苦労はしますが

好きなものだから自分のやりたいことだから 頑張れている気がします(^^)/

本当はそれぞれの講義について魅力をお伝えしたいのですが、

長くなってしまうのでここらへんで…。

少しでも興味のある人は一緒にお話しましょう!

ちなみに青学は英米文の教授が一番多い大学らしいです。先週英文法の先生がおっしゃっていました~

外国語系を志望する人はぜひ考えてみてください。

 

次回の更新は 長谷川担任助手です。

張り切って書いてくれるそうです!おたのしみに~!!

2018年 9月 26日 ~土木工学の岩村~

 

みなさんこんにちは!

担任助手の岩村です。

 

最近

生徒の皆さんと話していて

判明したのですが

この田無校ブログ、

結構皆さん見てくれているのですね!

 

かなり前に

ブログの存在を

掲示物で告知した甲斐がありました!

 

そこそこ影響力があることが分かり

なんかハードル上がった気がして

やりにくいです。

それでは本題に入りましょう。

 

一昨日の投稿で

浅野先生が大学で学んでいる学問について

投稿していましたね。

 

今回はそれに乗っかろうと思います。

 

僕は土木工学という学問を学んでいます。

どんなことを学び研究しているのか

皆さんご存知ですか?

 

正解を言ってしまうと、

土木工学は文明社会のを支える都市基盤施設(道路、鉄道、ダム、橋など)を建設し

それらを整備するために必要な学問です。

 

僕の経験上、

「土木」というキーワードをきいたとたんに

体力仕事だね~的なことを言ってくる人が多い気がするのですが、

普通にほかの理系学科と同じように

ほとんど座学です。

 

普通に微積もやりますし、様々な種類の力学を学びます。

少し紹介すると

・構造力学(モーメントの応用)

・水理学(高校物理「浮力」の応用)

・コンクリート力学(コンクリートのための力学)

他にもたくさんあります。

 

化学の分野はほとんど扱わず

ひたすら力学のマニアックな分野をお勉強していくのです。

 

どこの大学でも

2.3年生あたりから

実験が始まってきます。

 

僕はまだ実験の授業を受けたことはないのですが

このまえ研究室の施設をのぞかせていただいたときに

テレビでよく見るような

津波の実験模型があり驚きました。

今から実験が楽しみです。

 

 

そんなわけで長々書いてきたわけですが

興味がない人にとっては

本当につまらない内容だったと思いますすみません。

 

ただ、

理系に進むことは決めているが

具体的にどんなことを学んでいくかは決めかねているという人は

少なくないと思います。

 

是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

明日の投稿は

荒井先生です。

おたのしみに~

 

 

 

 

過去の記事