11月 | 2018 | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ 2018年11月の記事一覧

2018年 11月 30日 ~勉強って何だろう~

こんにちは

担任助手の船渡です。

 

みなさん、勉強って何だと思いますか?

 

勉強の意義とか、そういう話ではなく

どういうことをするのが勉強だと思いますか?

 

問題を解くこと?

新たな知識を学ぶこと?

 

それらも正解かもしれません。

 

しかし、受験生においての勉強

少なくとも「必要な勉強」とは

 

「できない問題をできるようにすること」

です。

 

大学に受かるためには、そこの合格点を取る必要があります。

そこの合格点を取るために、自分の学力との差を明確化しなければいけません。

そのときに「どこが出来ていないか」をしっかり見極めて

そこを勉強してできるようにする。

出来るところが増えたら、出来ないところをもう一度探してできるようにする。

 

究極で言えば最も効率のいい勉強法はこれです。

 

しかし、人間は目先の満足に気を取られがちで

「やった感」を求めて勉強してしまう人も少なくありません。

 

そんな受験生になっていませんか?

 

過去問を解くことは非常に重要なことです。

問題形式の慣れ、そこでの自分の学力分析ができるという点で

受験に必要な要素として欠くことはできません。

 

しかし!

それと同じくらい

苦手を克服する

出来ないを出来るにする

勉強が大切です!

 

過去問である程度点数が取れている場合はさておき

まだ点数が低い場合には

何が出来ていないのか、という分析を忘れないようにしましょう!

 

周りが過去問をどんどん進めて、遅れると不安に思うかもしれませんが

結果的に合格に近づけるのは

出来ないことをなくすように勉強できた人だと思います。

 

センターまであと一か月ちょい!

まだできることは沢山あります。

悔いのないよう考えて勉強しましょう!

 

明日の更新は長谷川担任助手です。

お楽しみに~

2018年 11月 29日 ~先を見据えて~

こんにちは!

担任助手の浅野です!

 

前回の更新から1ヶ月以上空いての更新となります。

この1ヶ月でかなり寒くなりましたね!(今更)

 

さて、本日でセンター試験まで残り51日となりました。

あと7週間ほどですね…

 

そして国公立志望のみなさん、

前期試験まであと何日か知っていますか?

 

 

 

正解は88日です。あと12週間ほどですね。

 

自分の高校時代を思い返してみると、

「センター試験から前期試験まで1ヶ月以上あるから」

と気楽そうに言っている同期もいましたが、

みなさんはそうでないことを願っています。

 

残りの期間、

科目ごとにやるべきことを把握し、

残りの期間から逆算しながら

計画的に行動していきましょう。

 

そして、

学校でも東進でも何度も言われて

聞き飽きているかもしれませんが、

出願はミス無くやりましょう。

 

出願方法の部分をよく読まなかったり、

家のひとに任せたり、

といった感じで出願ミスをしてしまう例を、

高校時代、年に数名聞いていました。

そのような形でチャンスを逃すのはあまりにももったいないです。

 

次にする出願はセンター利用だという方が多いでしょうか。

 

勉強に夢中になるのはもちろんいいですが、

受験のことはある程度自分で管理するのがオススメです。

というか、そうするべきですね。

 

 

明日の更新は

船渡担任助手です。

お楽しみに!

2018年 11月 28日 ~センターまで8週間を切りました。~

担任助手の賴田です。

センター本番まで8週間を切りましたね。

自分も緊張してきました。

 

最近、平日の午前中にもかかわらず、開館と同時に登校する生徒が数人います。

聞くと、学校をさぼっての東進に来ているそうで。

良いことか悪いことかは一概には言えませんが

自分で正しいと思うことをしていいと思います。

 

自分も入試に使わない科目の授業中は、

目を閉じて外部から入ってくる情報を少なくして脳の負担を減らし、

体をうつぶせにして無駄に筋肉でエネルギーが使われてしまうのを避け、

深い呼吸で心身ともに落ち着かせるなどして

塾での効率の良い勉強に備えていました。

 

出席日数が足りなくなることのないよう気を付けてください。

記憶によると出席日数が足りないと未履修となり、卒業できません。

テストの点が悪くても、授業に出席していれば、未修得というものになります。

未修得があっても卒業は出来ます。

 

無いとは思いますが

高校を卒業できずに、受験戦争から離脱するというばかばかしいことのないようにしましょう。

 

 

明日の投稿は佐久間さんです。

 

 

 

 

 

2018年 11月 25日 ~入試日程を考える~

 

最近になってブログに登場してくる頻度が上がってきました、福屋です~

そろそろ12月になるということでぐっと気温が下がり、朝と夜はとても冷え込んでいますね、、

朝大学に向かう時に高校生とよくすれ違うのですが、女子高校生は短いスカートでとても寒そうだなと思っています、、

去年は自分も似たような恰好をしていたと思うと、自分すごいなと思う今日この頃です。女子の皆さんくれぐれも風邪を引かないようにしてくださいね^^

 

さて先日のブログでも言った通り、センター試験まで2ヶ月切りました。

受験校についての面談をしている人は分かると思いますが、受験校を選定ってとても難しいですね。

自分の受けたい大学の受験日程がかぶってしまったり、日程が連続になってしまったりとなかなか思い通りにいかないこともあります。

しかし私大は同日に多くの大学が受験を行なうことは必ずしも悪いことばかりではありません。

例えば、立教大学経済学部経済学科が第一志望のAさんがいるとします。

立教大学経済学部経済学科の個別入試は2月13日で、同じ2月13日に試験がある他の大学は慶應義塾大学経済学部、中央大学商学部等があります。

自分が立教に受けるのだから他大なんて関係ないなんて思いませんか?

実は意外にも関係があるのです。

多くの受験生は自分のいきたい学問系統は決まっていて経済学系に興味のある人は経済学部か商学部を受験しますよね。

では先程の2月13日の話に戻りましょう。立教・経済より偏差値の高い慶應・経済、約同レベルの中央・商があります。

何が言いたいのかというと三校とも経済学系の学部なので受験生がある程度分散されると思いませんか?

特に慶應・経済が第一志望の受験生は確実に慶應に流れるので慶應志望の人が立教に来ることはあまりないと考えることが出来ます。

こういった感じで同じ日程に自分の第一志望の大学と同じ学部系統で偏差値が高いor同じ大学があることで自分よりレベルの高い受験生や同レベルの受験生が減ってより受かる可能性が高くなるのではないかと思います。

受験校選定の際に自分の受けるところ以外の大学の日程も知っておくといいですね!

そんな時に東進の受験日程カレンダーを活用するのがオススメです!

受付に置いてあるので持っていない人は自由にとっていってください~

明日の更新は私が勤務に入るとだいたい勤務に入っていて約週二で顔を合わせている岩村担任助手です、お楽しみに~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年 11月 24日 ~模試~

こんにちは、廣野担任助手かわって

本日のブログを更新する浅井です。

4日連続で3年生が更新していますね。

 

昨日は有名・難関大模試でしたが

いかがでしたか

 

センター形式とは違って筆記の問題が多いから

あまり上手くいかなかった、

そもそも対策もしていないし、難しい問題も多いから

できなかった。

こんな気持ちになったと思います。

自分も現役の時にこの模試を受験していて感じたのが、

過去問よりも難しいということです。

対策をしていないということもあるのですが

問題のレベルは高いです。

 

でも客観的に考えてみると、

問題の出題される範囲は同じです。

問われ方や内容が違うだけです。

なので、たとえ問題の対策をしていなくとも

その範囲をしっかりと勉強していれば解けるはずです!!

 

でも、本番の入試では

過去問で対策したことしか出題されないと思っていませんか。

そんなことはありませんよ。

 

センター試験を見てみると

2,3年に1回出題形式が変わっています。

もし仮に本番で出題形式が変わっていたら

どうしよう、運がないなというように焦ると思います。

でも焦るのは自分だけではないです。

周りの受験生も同じように思っているはずです。

ポジティブ捉えてみると

出題形式が変わることはチャンスであると思います。

多くの人が困っている問題を制することができれば

合格にぐっと近づきます。

そういう意味においても

この有名・難関大模試を受けることは

初見の問題への対応力を養うことができると考えられます。

もう模試は終わってしまいましたが

この観点からもう一度振り返ってみるといいでしょう

 

明日の更新は

福屋担任助手です。