6月 | 2019 | 東進ハイスクール田無校|東京都

ブログ 2019年06月の記事一覧

2019年 6月 30日 ~大学の授業 賴田先生編~

担任助手の賴田です。

今年も半年が終わります。衝撃。

どんどん時がたつのが速くなってきました。

 

自分は東京工業大学理学院物理学科に所属して、理学を学んでいます。

 

理学とは「ことわりの学問

最も根底にある学問であり、謎を解明したり、新たな理論を提唱したり、実験的に新たなものを発見、観測したり。

ロマンある学問です。

 

特に自分が学ぶ物理学はロマンの塊

物理用語を並べるだけで、ロマンがあふれ出ます。

古典力学 量子力学 相対性理論 超ひも理論 多次元空間 マックスウェル方程式 ラグランジアン ハミルトニアン

ほら。なんかかっこいいですよね。

1つの理論でこれまで学んできたもの

教科書などの文献に載っているものすべてがデタラメになる可能性があるというのもロマン。

 

アインシュタイン ニュートン フック アルキメデス ガリレオガリレイ ホーキング

皆さんも一度は聞いたことのある彼らも歴史に名を残す天才物理学者たちです。

 

理学の進歩がこの文明の発展でもあります。

100年前の誰が「地球の裏側の人と顔を見ながら話す手持ちの機械」や「音速を超える乗り物」が実現されると思っていたでしょうか。

近現代で物理学は想像の範疇を超えた進歩を遂げています。

 

人間が想像できるすべてのものは創造できると誰かが言ってました。

自分もそうだと思っています。

今皆さんが想像するものはなんでしょうか。

タイムトラベル、ワープ、反重力、他の星への移住。

最近でてきた自動運転なんてのも、50年前の人はただの妄想だったのではないでしょうか。

 

タイムトラベルの実現なんて夢のようですね。

皆さんも過去に戻ってやり直したいと思ったことありますよね

ただもし自分が過去に戻って過去を変えたら、自分が生まれてこないかもしれない

 

あれ。

 

でも自分が生まれてこなければ、過去に戻って過去を変える自分がいないということは、自分は生まれてくる

自分が生まれたら、過去を変えてしまう。

パラドックスですね。

これはタイムトラベルの実現が不可能であろうといっている人が使う理由の一つです。

ただ相対性理論においては、速く動くものほど時間が遅く進むということが証明されています。

自分も理解しきれていないことなので、これ以上何も言えませんが。

 

今自分は専門的な研究に取り組むための基礎的な知識を蓄えている段階です。

物理数学、電磁気学、解析力学、統計力学、熱力学。

どんどん周りの現象が数式で表現されていき、学んでいるだけでワクワクします。

今回は複素関数論から成立するように見える等式を一つ。

 

 

 

 

 

2019年 6月 29日 ~大学の授業 阿部先生編~

 

 

こんにちは!!!

 

最近好きなダンスに打ち込めて毎日充実している阿部です!

 

生徒の皆さんも自分の好きなことをして息抜きもしてくださいね!(^^)!

 

そして今回のテーマは「大学の授業」ということで、まず私は立教大学観光学部交流文化学科に所属しています

 

おそらくみなさん「観光」という言葉を最近ニュースや日常生活でもよく耳にするのではないでしょうか?

 

 

観光学部は簡単に言うと「観光」をいろんな分野から研究していく学部です。

 

 

経済学、経営学、地理学、文学、心理学など、いろんな面から「観光」を勉強していきます。

 

 

そのため、いろんな学問を学ぶことも出来てしまうのです!

 

 

そして私が今とっている授業で「早期体験プログラム」というものがあります。

 

実際に海外に行き、フィールドワークを通じてその国でどのような観光事業が行われているかなどを勉強しに行くプログラムです

 

私はこのプログラムで8月末にネパールに行きます!(^^)!

ネパールでは数年前大地震が起き、震災復興と世界遺産の関係について今は授業でグループでしらべたり、討論したりしています

 

とても刺激的でいいプログラムです!

 

 

珍しい学部なので、観光学部ならではの授業やプログラムがたくさんあって興味深いです!

 

 

自分の興味がある勉強ができるということが大学の最大の魅力だと思います!

 

皆さんが自分の興味のある勉強を見つけられるように、願っています。

 

 

次回のブログはがつがつ理系の頼田担任助手です!

 

お楽しみに~!

 

 

 

 

 

2019年 6月 28日 ~大学の授業 岩村先生編~

みなさんこんにちは。

昨日の投稿で川野輪先生に

「埼玉の星」と煽られた岩村です。

 

埼玉をなめているのか、

それとも僕自体をなめているのか、、、

どっちにしろ腹立つので

今度会ったらお仕置きしておきますね。

 

 

連日、各担任助手が

自分が大学で専攻している学問についての

投稿が続いていますね。

 

例のごとく

僕も自分が学んでいることについて紹介したいと思います。

 

僕は埼玉大学工学部建設工学科というところに通っています。

名前は建設工学とありますが、

学んでいる内容は土木工学です。

 

↑昨年の夏、黒部ダムに訪れた時の写真です

 

 

皆さん土木工学と聞いて、

何を勉強しているか想像できますか?

 

土木工学は英語に翻訳すると

civil engineering」となります。

 

直訳すると「市民工学」、

つまり市民のための工学となります。

 

市民のために、

橋梁、ダム、トンネル、河川港湾、道路、交通システムといったような

社会基盤を整備することが

土木工学の一番の目的です。

 

僕が思う土木工学の魅力は

・扱うモノのスケールがでかい

・社会貢献度がわかりやすい

 

これだと思います。

 

2年生以降は専門的な授業が増えていきます。

具体的には

橋梁の柱を設計したり、

学内の地中から土をとってきて、

実験器具で土の性質をしらべたり、

コンクリートの配合設計をしたり、

作ったコンクリートの強度をはかったり、、、、、、、

 

どれもこれも面白くてしゃーないです。

 

将来は

現在学んでいることを生かして

橋梁やダム、トンネルなどの設計・施工に携わり、

人々に親しまれる土木構造物を作りたいと考えています。

 

そして、自分の子供に

「これお父さんが作ったんだよ~」というのが

僕の夢です。

 

想像しただけでワクワクしてきたなあ~

 

 

僕の土木への情熱が伝わったでしょうか。

もし興味がある人がいたら是非岩村まで!

 

 

 

 

冒頭にも書いたとおり

この期間は田無校の全担任助手が

自学科の学問について書いてくれており

現役大学生だからこそできるような

非常に興味深い内容

が続いております。

 

志望校選びや

大学の授業のイメージをつかむ

という意味で

非常に有効だと思うので

今後も是非

田無校のブログをご覧ください!

 

明日の投稿は

阿部リる先生です。

おたのしみに~

 

2019年 6月 27日 ~大学の授業 川野輪先生編~

こんにちは!

最近ネクタイを新しくした

担任助手の川野輪です。

気づいたら(僕に)声かけてあげてください。

喜びます(笑)

 

さて!

私は今、東京大学教養学部前期課程に所属しています。

みなさん、東京大学と聞くとどんな景色を想像するでしょうか。

 

まあ、こんなところでしょう。

 

しかし!!!

これは東京大学本郷キャンパスで、

通えるのは選ばれし三年生以上のみです。

自分のような東大生見習いは、駒場キャンパスで幅広いことを

学んでいます。

 

ちなみに、駒場は本郷と比べて圧倒的に設備が悪いです。。。。。。。。。

留年防止なんですかねえ。

 

 

さて、肝心の授業紹介についてなんですが、

教養学部なのであまり専門性の高い授業を受けていないんです。

したがって、他の人より紹介しがいのある授業がありません(笑)

 

…いや、、笑えないですね。。

 

 

仕方がないので、一番理系っぽい「微積分学」の紹介をしようと思います。

微積は、理系であれば高校で習った人がほとんどだと思います。

ですが、高校までと大学とでは全くその性質が違います。

 

高校時代は、ぶっちゃけただ公式通りに微積分していただけでしたが、

大学では、そもそも微積出来るかどうかの議論が入ってきます。

とはいっても、大学の試験では難しい公式を使いこなせれば

点が取れてしまうのですが、その公式習得のためには、

微積分可能かどうかの議論の理解が結構大事だったりします。

 

教授は、公式なんかの話よりも

議論している時が一番楽しそう(笑)

ああいうことを楽しめる人(でかつ天才)が教授になれるんでしょうね。

 

授業紹介は薄くなってしまいましたが、東京大学の最大の利点は

優秀な人と勉強ができる

事だと思います。大学受験に意味を見いだせていない人は

将来優秀な人に巡り合うために努力してみてはいかがでしょうか!

 

ということで、明日の更新は

埼玉の星(笑)岩村担任助手です!

おたのしみにーー

2019年 6月 26日 ~大学の授業 鰐田先生編~

みなさーん!こんにちは!

 

夏休みの計画を友達の許可なく立ててニヤニヤしている

 

担任助手の鰐田です

 

大学生になってはじめての夏休みは今からワクワクしてます!!

 

テストのことはとりあえず置いといて(笑)、、、、、、、、、、、

 

今回のブログのテーマはずばり!!大学の授業です!

 

ということで早稲田大学人間科学部人間情報学科ではどんな勉強をしているのかを紹介します!

 

ソース画像を表示

 

こんな感じのキャンパスに通ってます!ここで私は専門的なことを来年学ぶための基礎

 

今頑張って勉強しています!!

 

人間科学部では研究をするために必要な統計などを基礎から学んでいます!

 

今はパソコンのエクセル機能に日々振り回されてます(汗)

 

それでも次につながる勉強なのでやりがいはあります!

 

人間科学部の授業はほかの学部とは違いたくさんの分野を学ぶことができ、

 

自分の興味のある分野以外にも、視野を広げるための学びもたくさんあります!

 

私は最近人間行動学という授業がとくに面白くて一番前の席で授業うけています!!

 

このように自分の学びたいものももちろん学べますが、そのほかにも様々な分野が学べるのが

 

私の大学の授業の特徴の一つだと思います!!

 

少しでも皆さんの参考になればうれしいです!!

 

明日の更新は川野輪担任助手です~おたのしみに!!